【人妻体験談】母親の友達に誘われ、エッチすることにしたら家庭が上手くいくようになったようだ


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
母は世代を問わず友達が多く、毎日のようにうちに誰かが来ていたり、出掛けている。

その中に、小柄だが、巨乳でもある随分前から俺のオナペットだった現在47歳の恵子もいる。

恵子には一人娘がいて、母が留守の時に俺が一人で子供を預かった事もあった事から、いつの間にか連絡先を交換していた。

7、8年くらい前の事、母に恵子の精神状態が少し不安定になってるから、色々と気を付けて欲しいと言われたことがあった。

別に気にすることもなかったが、その絡みなのか、恵子からメールが来た。

『私を女として見れますか?』とその文だけだった。

返信に困っていて、返事を考えていると、謝りのメールが次に入ってきた。

母にそれとなく恵子の状況を聞いてみると、簡単に言えば、夫婦仲が悪くなっているという事と、

さらに情緒不安定になった恵子は友達とも疎遠になり始めていて、すでに天敵のような友達まで出てきてしまっているという事だった。

普通ならば、見守っていくのだろうが、俺はオナペットの恵子を体だけ自分の物に出来るかもと思った。

恵子に『デートしませんか?』とだけメールを送った。

しばらくして、『主人と子供がいるから、いつになるか分からないけど、良いですよ。』と返信が来た。

正直、モノになるなら、時間が掛ってもいいと思っていたから、恵子の都合に合わせることにした。

2,3日後に恵子が『突然だけど、今日なら・・・』と連絡が来た。

思ったよりも早く来て、想定外だった。

仕事終わりにそのまま、家から少し離れた俺の駐車場で待ち合わせをした。

恵子の姿は胸元が少し開いたV字のカットソーにデニムのスカートという普段通りの服装だったが、しっかりと化粧していた。

恵子の格好がカジュアルだったが、そこそこの店で夕飯をご馳走し、恵子には軽くお酒を飲んでもらった。

その後、夜景を見にドライブへと向かった。

車を止めて、高台まで歩いていくと、平日だったせいかあまり人が見当たらなかった。

少し暗がりになっていた端の方に恵子を連れて行き、柵の所に並んで夜景を見ていた。

恵子は声を上げるくらい感動していた。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました