コインランドリーの愉しみ(モデル風女)


出典元:エッチな萌える体験談

学生のころ住んでいたアパートの斜め向かいがコインランドリーだった。
誰のものだか分からない洗濯物には興味はないが、
洗濯物を持参した女性が確認できると洗濯物は宝物になる。
いつものように部屋からこっそりコインランドリーを観察していると、
モデルの体型のきれいなお姉さんがやってきて、洗濯物を洗濯機に入れたのを確認できた。
「左から3番目の洗濯機だ」
お姉さんが店を出るのを確認し、自分の洗濯物を持参して店に入った。
洗濯機を選ぶふりををしながら、3番目の洗濯機を蓋を開けた。
水が注入されているが、手前の洗濯物はまだ濡れていない。
急いでパンティを探す。
「あった! レースの付いた黒いパンティだ」
すばやくポケットにパンティを押し込み、隣の洗濯機に自分の洗濯物を仕込んで部屋に戻った。
部屋でパンティを出し、クロッチを確認する。
お姉さんの大切な部分に食い込んでいたところに、染みがしっかり付いていた。
匂いは、わずかな尿臭と女性のあそこの匂い。
舐めてみると、少し塩味。
きれいに舐めとった後、黒いパンティのクロッチで息子をくるんでしごく。
興奮が最高潮に達し、白い樹液が黒いパンティのクロッチめがけて放たれた。

白い樹液をたっぷり吸ったパンティを洗濯機に戻すために、コインランドリーに戻った。
最後の漱ぎの段階の洗濯機にパンティを戻した。

モデル風のお姉さんが洗濯物を取りに来た。
きれいな人だった。24、5歳のOL風。
足が長くて、ジーンズがよくにあう女。
洗濯物を出す後姿、特に尻の部分に目が釘付けになった。
「あの黒いパンティーが張り付いていた秘部だ」
モデル風の女は、乾燥機は使わずに洗濯物を持ち帰った。

タイトルとURLをコピーしました