【人妻体験談】主人以外の初めての男性があまりにも上手で涙を流しながらセックスした


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
当時私は、38歳。

長男が小学2年で長女はまだ保育園でした。

関西出身の私は、独身の時勤務先で今の主人と知り合い結婚。

その後、主人の実家のある九州へ移り、主人は自営をはじめました。

私は、主人以外とそれまでお付き合いしたこともなく、初めての男性でした。

私は、ファミレスで働きながらの生活でしたが、ある日親しくなった友人の誘いで別な仕事に就くことに。

初めてお会いした上司。

私より2つ年下。

彼も結婚していましたが、優しそうでなんとなく惹かれました。

土日たいした用事もないのに彼に逢うために会社に行ったりもしていました。

彼はなかなか相手にしてくれませんでしたが、私はこの人の女になりたいと思っていたのでしょう。

会社で飲み会でわざと太股のみえる短いスカートを履いて、彼の横に座るも、

やはり他にも同じ同僚の目そうこうしていると、主人の仕事が忙しくなり、会社を辞めることになりました。

私は、彼に会えず悶々とした日々。

仕事を辞めてしばらくたったころ、友人の話で彼の転勤を知りました。

いてもたってもいられなくなり、贈り物のネクタイを選んで、会社に電話。

今日にでも逢わなければという思いが通じて、昼間、お仕事中にもかかわらず、待ち合わせ場所へ来てくれました。

私が、お洒落していたので、驚いた彼の目が懐かしいです。

車の中で、ネクタイのお礼にお昼を誘われましたが、思わず私が言った言葉。

「お昼だけでいいのですか?」などと頓珍漢な返事をしてしまいました。

彼は「?じゃあカラオケでも?」その言葉に、「私でもいいんですよ」と……驚いた顔の彼。

そのまま郊外のラブホテルへ。

いきなりこうなってしまったこともありお互いぎこちないセックスでした。

もちろん私にとっては初めての浮気でもあり、主人以外2人目の男性となりました。

夏のお盆に彼が帰省したという連絡を受けて、久し振りに逢うことになりました。

私の車で人気のない山道へ、、車を止めると、彼がキスをしてきました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました