【人妻体験談】同じマンションの人妻に看病してもらったらエッチな展開に


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
通路の足音や他の部屋のドアの開く音がする度に、

そっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かうって事あるでしょ?

特に引越した直後。

で、学生時代に引越しをした時の話。

自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。

隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。

と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。

向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。

角部屋は20代半ば以上の男女が一人ずつ。

ある日オーディオの音をそこそこ上げて、角部屋のピンポンを鳴らした。

もちろん昼間。

男がいない時間帯。

「すみません隣の者ですが…」と言いかけたところで『お待ちください』と。

出てきたのは何度か覗いて見かけた女の人。

よくドアを開けたなぁと思いつつ、

「先日隣に引っ越してきたんですがオーディオの音うるさくないですか?」

と聞いてみる。

『いいえ、特に。大丈夫ですよ。』と。

そして続けて女が、

『学生さん?一人暮らし?』と聞いてきた。

そうだと答えると、

『なにかあったら声を遠慮なく声を掛けて下さいね』

と言ってくれた。

この時、隣に声を掛けたのは興味と本当に音の大きさが気になったから。

芸能人にたとえるなら高岡早紀系。

ちょっとほんわかした感じ。

ドアの魚眼穴だと少しぽっちゃりに見えたけど、実物はかなりスレンダーだった。

その日はそれで挨拶終了し、後日またもやピンポン♪

「すみません隣の者ですが、針と糸貸してもらえませんか」

とインターホン。

『ちょっと待ってて下さい』

と言われ、ドアが開くと、

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました