教え子に熟れた体を貪られ…私は、教え子にイカされた。


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
5年前の彼は、私の事をどう思っていたのでしょう。

ただの憧れ?
でも、ラブレターをもらった事もあって・・・。

でも、教師と生徒・・・。
卒業間近の頃、彼が「デートして欲しい」と、真剣な少年の目で言った事がある。

「今では、親子(母子)にしか見えないわよ・・・」と軽くあしらった覚えがある・・。

彼は、私の携帯番号を教えて欲しいと言った。

その頃の私は、別れた主人と揉めていた頃。
結局離婚した。
幸いにも、子供ができなかった事から、大きなトラブルもなく一人に戻れた。
そして、勤務先の中学校が変わった。

それから、5年。
彼からの電話があった。
留守番電話に録音されていた彼の声。

彼は20歳になり、成人式を終えた。
そして、専門学校を出て就職した。

次の日、彼に電話を入れた。
彼が出た。

5年ぶりの生徒・・・彼。

しばらく近況を話し合った。
そして、出会う事になった。

就職前の昨年の3月。
二人きりで出会った。
喫茶店でお話をした。
5年後の彼はすっかり青年となって、体格も風格も大人に変身していた。
驚きだった。

私も5年の月日を経て、少し年を取ったかなと言うと、彼は5年前の私よりも好きだと言ってくれた。

お茶を飲み、公園を散歩した。
そして、次の約束をした。
彼からの気持ちが強く伝わった。
子供だとは思えなかった。
一人の男性として、出会う事ができると感じた。
素敵な青年になっていた。

春休み、2度目のデート、3度目のデート・・・。
少し足を伸ばした田舎町でデートした。

彼が、「手を繋ぎたい」と言ってくれた。

私は、手を差し出していた。
手を繋いで、初春の風を感じた。

「先生」「善之君」と呼び合っていたのに、この日は、少し変化していた。

「佳恵さん」「善君」

・・・なんか、お互いに照れくさがっていた。

夕方、帰り道に、道の駅で休憩した。
熱いコーヒーを飲みながら、彼が、「付き合って欲しい」と真剣に言った。

「少し、考えさせて」と、時間を稼いだ。

4度目のデートは、4月の第1週目の日曜日になった。

彼も一人暮らしが始まった。
ひとつ隣町の部屋。
彼の社会人としてのスタートがした。
よく晴れた日だったと記憶している。

桜を見に出掛けた。
私の作ったお弁当を、彼は「うまい!」と連呼しつつ食べてくれた。
正直、嬉しかった。

「今でも母子にしか見えないかな?」と彼が言った。

私は、強く首を振った。

「そんなことないわ。彼と彼女よ」

彼は、喜んでくれた。

「彼女」の言葉が嬉しかったらしい。

私は、すでに彼の彼女になっていた。

散歩して、手を繋いで、笑い合って、彼との時間は、私を充実させてくれた。
幸せを感じた。

彼だったら・・・抱かれてもいい・・そう感じていた。

日が暮れた時間、車の後部座席の中。
指を絡めていた。
そっと、抱き寄せてくれた。

私の黒い髪を撫で、「佳恵」と呼んでくれた。

「はい・・・なあに?」と私。

「一緒にお風呂に入りたい・・・」と彼が言った。

私は、思わず笑ってしまった。
予想外の言葉だった。
抱きたい、ではなく、お風呂に入りたい、なんて・・・。

彼の目が真剣だった。

見詰め合った。

そして、彼の唇が重なった。
私は、深く目を閉じた。
優しく、愛のあるキスだった。
彼が私を強く抱きしめた。
私は、彼の胸の中身うずまっていた。

彼の部屋に招待された。
彼が、お風呂に湯を溜めた。

私が、先に入った。
彼がその後入って来た。

狭い湯船の中、二人はひざを折りながら向かい合った。

髪を後ろに束ね、彼を照れながら見た。

彼も、そうだった。
彼が、私の後ろに回り込んだ。
背後から、私を抱きしめた。
胸に手を回し、優しく撫でてくれた。

うなじにキスされた。

「あ・・」

私は、声を出してしまった。

彼の手が、下半身に伸びた。
その手をそっと掴んだ。
私の手を、彼は自分の分身に導いた。
軽く、掴んであげた。

「大きくなっているわ・・・」
「佳恵に恋しているからね・・・」

優しく撫でていた。

彼は、うなじ、背中、脇の下までキスしてくれた。
お互いにバスタオルで全身を拭き合い、浴室を出た。
彼は不意に、私を抱き上げた。

彼のベッド。
優しく横たわらせてくれた。
カーテンは閉じてある。
ベッドボードの明かりを抑えてくれた。

「佳恵・・」

彼の声と共に、唇が重なった。

彼は、自分が今もっている女性を愛する方法をすべて駆使してくれ、私の全身を愛してくれた。

足の指先まで、口に含んでくれた。
彼に膝を割られた瞬間、彼の女になったと思った。
彼の舌が、私の中心を愛してくれた。

なんて素敵な愛撫なの・・・縦に沿って、優しく、蕾まで口に含んで吸い上げてくれる。

私は、シーツを掴んでいた。
自然と、愛の声が出ていた。
彼の舌が、奥へと伸びる。
挿入されて行く・・・。

「あ・・イ、イク・・・」

私は、教え子にイカされた。

そして、彼のものを深く受け入れた。
すごく固く、子宮まで届いていた・・・。
背後から・・・突かれた。
私は、一人の女としての悦びに満喫していた。

それから、1年・・・。

彼のご両親へのご挨拶は終わっていた。

新しく、部屋に移った。
彼との同棲が始まったのは、昨年の12月。
今は四月。
新学期が始まった。
私は、新学期から休職している。
新しい生命の誕生を心待ちにしながら。

昨日、婦人科に出掛けた。

「順調です」と先生の言葉。

もうすぐ、5ヶ月目。
張り出してきたお腹をさすりながら、問いかけている。
女性としても最後のチャンス。
そして、彼との赤ちゃん。

昨年の秋、彼の愛の証を受け入れ始めていた。
彼との愛の結晶が私のお腹に宿っている。
彼は、すごく私を大切にしてくれている。
お腹をさすりながら、私と添い寝してくれる。
彼も若いから、精力が大変。
今は、私の口だけで我慢してくれている。

「安定期には軽くセックスは大丈夫」と先生も言ってくれた。

もうすぐらしい。
彼は、そのことも楽しみにしてくれている。

私は、教え子の妻。

入籍は、私の誕生日に予定している。


女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル
タイトルとURLをコピーしました