【人妻体験談】嫁が出産で入院中に毎晩義母とセックスしまくった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
30歳既婚の会社員です。妻は26歳、1歳になる息子がいます。

お話しする内容は1年半ほど前の息子が産まれる3日前のことです。

妻の出産予定日が近づき、義母が我が家に泊まりに来てくれました。

義母は48歳(当時)で若いころは某歌劇団に属していたということで、お世辞抜きにして綺麗で若々しく、30代は言い過ぎにしても40歳そこそこに見られます。

芸能人で言えば由美かおるをイメージしてもらえれば解りやすいと思います。

義母が来てくれた翌日、妻の陣痛が始まり車で病院に連れて行きました。

しかし、初産ということもあり、なかなか出産の兆候が見えてきませんでした。

先生からも「まだしばらく出てこないでしょうからいったん戻られてもいいと思いますよ」とのお話を頂きました。

でも妻は「お腹の中で暴れているからいつどうなるか怖い」と言ってそのまま入院させてもらうことにしたのです。

着替えなどの準備をするために家に残ってくれた義母にその旨連絡しました。

さすがに義母は落ち着いていて

「やっぱりそうでしょ。私もあのこを産んだときそうだったのよ」

と電話口で笑いながら言ったものです。

そして

「あと1日2日は出ないからあなたは戻っていらっしゃいな。明日になったら私が行くから」

と冷静に指示を出してくれました。

私も仕事の関係で翌日は休めない状況だったので、妻に話して帰宅しました。

帰ると義母は晩酌の用意をしてくれていました。

「お義母さん、すいません」

「うちの主人もそうだったけど、何していいのかわからないでしょ(笑)」

「こういうときは男っていうのは戦力外もいいとこですね(苦笑)」

「まぁここまで来たら後は出てくるのを待つだけだからね。出たくなったら勝手に出てくるよ。

もしその時が会社にいる時間帯だったら連絡してあげるから出来るだけ早く行ってあげてね」

しばらくそんな会話をして、気がつくと時間は午前1時をまわっていました。

そろそろ休みましょうということになって義母が

「先にお風呂入りなさいな。布団は敷いといてあげるから」

と言うので

「じゃあ先に入らせてもらいます」と言って風呂に入りました。

タオルに石鹸をつけて洗っているところに義母がドアの外から声をかけてきました。

「タクさん、飲んだ後なんだから温めのお湯じゃないとダメだよ」

「大丈夫ですよ。元々熱いのは苦手だから・・・」

「背中流してあげようか?」

「いやそこまでは結構・・・」

最後の「ですよ」を言う前に義母は入ってきてしまいました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました