【人妻体験談】農業を行っている義母のマンスジに興奮し、中出しセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
私は3年程前に結婚しました。

妻は一人娘で、しかも実家は農家だったんです。

もちろん、結婚の条件は私が婿養子として妻の両親と一緒に暮らす事でした。

そんな妻の両親は10歳も年の離れた夫婦で、義父が57歳、義母が47歳。

義父は公務員として働きながら家の農業をしていたんですが、農業は義母がメインで行っているようでした。

まぁ農家と言っても田んぼを2町程作っていて、畑が少々あるくらいです。

私も仕事の合間を見て、田畑の手伝いをするようになったんですが、

なにぶんにも農業は生まれて初めての体験で、両親に手取り足取り教えてもらっているところです。

妻は看護師で結構忙しく、家の手伝いが出来る状況ではありません。

そんな現状ですが、私には一つだけ楽しみがあります。

それは、義母の働く姿をジロ見する事なんです。

義母はもち肌でムッチリボディの持ち主、しかも顔立ちも良く綺麗なストレートヘアーはたまりません。

身長160cm、体重50kg(推定です)、B88-W63-H90(推定です)。

凄く優しく気が利く女性。

でも天然も入っている可愛らしい義母は、見た目30代に見えるくらいです。

農家って聞くと田舎のおばちゃん体型を思い出すかも知れませんが、

義母は全く違って街中の貴婦人って雰囲気で、服装も農家からは想像もつかない上品な物や可愛らしい物を着ているんです。

さすがに農作業をする時はジャージ姿ですが、これがまたパツパツで下着のラインがバッチリ見えたり、

屈んだ時にTシャツの首元から巨乳(Fカップ、こっそり洗濯のブラジャーでサイズ確認)が見えたりするので堪らないんです。

ある週末、稲刈りを手伝う事になり、田んぼに義母と軽トラックで向かいました。

義父は既にコンバインで稲を刈り始めている頃でしょう。

義母は半ズボンのジャージにヨレヨレのTシャツ姿(もちろん長靴着用)。

Tシャツは薄手でブラが透け透け、しかもジャージも小さ目なのかパツパツに張っていて、しゃがむと破れるんじゃないかってくらいでした。

横に座る義母からは凄く良い匂いが漂い、今にも襲い掛かりたくなるんです。

そんな時間も長くは続かず、すぐに義父の居る田んぼに到着です。

到着すると義母は田んぼの中に向かい、義父が刈り取った後を歩きながら、切り残しの稲を刈っていたんです。

そんな義母がしゃがみ込んだ時、ジャージとTシャツの隙間にブルーの下着が見えたんです。

車を降りた私は義母の近くに行き、近くからじっくりと拝見させて頂くと、首元から胸の谷間をバッチリ見ることが出来たんです。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました