【人妻体験談】子供の産めぬ妻に代わりに義母と種付けセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
現在、離婚した妻の母親と関係をつづけています。

16年前、前妻と結婚しましたが、母一人子一人の境遇で、また、とりあえず住む所もなかったので、妻の実家で新婚生活をはじめました。

当時、妻は22歳、義母は43歳でした。

しかし、1年もしないうちに、私と義母はことごとく意見があわないようになり口げんかがたえず、さらにお互いに顔をあわすこともさけるようになりました。

収入も決して多くなく、実質養子の身としても、これはたまらないと思い、別居の計画も進めていました。

ところが、妻が風邪をこじらせ、入院したところ、今で言う院内感染により別の感染症に罹患し、

3週間ほど後に退院したときには、妊娠の望めない体になっていたのです。

しばらくは、なにも手がつかず、妻にはできるだけやさしく接していましたが、義母との折り合いはさらに悪化の一途をたどりました。

ようやく、気を取り直して、前向きな生活を始めようと、新婚旅行以来の旅行と近くのアパートへの別居を決めていたところ、

妻と義母が思いもかけぬことを言い出したのです。

子供の産めぬ妻に代わり、まだ妊娠の可能性の残る義母が私の子供を産み、私達夫婦の子供として育てようというのです。

私は一笑に付しましたが、二人は真剣でした。

1週間毎晩話し合いました。

二人は懇願し、時に泣き、時にわめきちらしました。

あまりの熱心さに、根負けして、

人工授精のために自分の精子を提供するから絶対に他人に知られないように、信頼できる産婦人科医をさがすように言いました。

ところが、二人はとんでもないことを言い出すのです。

人工的な方法は不安で、どんな危険があるかわからないので、自然な方法で妊娠を試みたいと言うのです。

私は拒絶しました。また、毎晩、議論と懇願、口論と号泣が繰り返されました。

誰に相談する訳にもいかず、三人だけの閉塞された環境に自ら陥ってしまった私達にまともな思考はできません。

私自身、是が非にも子供が欲しい、他に方法はないと思い込み、

また、義母と交わるようになれば、少しは折り合いもよくなると、妙に実利的な判断を交え引き受けてしまいました。

翌日の晩から、義母と交わりました。

その日は、少し遅い夕食を三人でとりましたが、ぎこちない雰囲気でした。

11時に義母の寝室に行くことに決め、いったん夫婦の部屋に戻りました。

私達夫婦もほとんど話はせず、長く感じられる時を無為に過ごしました。

また、義母とうまく交われるか不安もありました。

義母は結構美しい人で、プロポーションもこの年代としては随分良いほうでした。

しかし、勝ち気で、何事も几帳面で、外面が良く、何でも一人でやってきたという自負の見え隠れする態度には、

鼻持ちならぬところが元々あり、万事控えめ、おっとりタイプの私とは正反対でした。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました