【熟女体験談】子供の友達の母親を目覚めさせて、ラブホで6時間過ごした


出典元:【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ
俺49歳既婚子あり。子供の友達の母42歳と月に1,2回会ってヤッテる。

きっかけは子供の部活が同じで、その会合が終わった後に車で送っていったこと。

小柄スレンダーな割に大きな(E?)胸もさすがに垂れ気味。

でも普段そんなHなことを考えていそうもない清楚な感じに見える。

ところがどっこい、目覚めてしまった今は凄い。

今日の昼前に会って夕方まで6時間ラブホで過ごした。

それこそPTAか事務のパートにでも行くようなブラウスとスカートで来るように頼んだのは、

俺もカミサンには休日出勤だと偽って、ビジネススーツで出かけたから。

人通りが少ない井の頭線神泉駅で待ち合わせて、すぐ近くのラブホへ。

彼女は一見顔色が悪そうに見えるのは、これからヤルことに備えて口紅をほとんど引いていないからだとわかったのは、前々回くらい。

一言も会話せず、エレベーターが動きだしてからディープキス。

ドアが空いたらそのまんまキスを続けながらすぐ部屋に入る。もうお互い顔じゅう唾液まみれだ。

「あぁ、会いたかった……」

「会いたかったんじゃなくって、やりたかったんだろ……奥さん」

タイトルとURLをコピーしました