お堅い女上司の意外な趣味


出典元:萌え体験談

あれは俺がまだ27歳だった年の秋。
急な人事異動で本社から江上栞さんという女性が課長として赴任して来た。彼女は38歳で田中美里似のスレンダー美人だったが、引き詰め髪に眼鏡といったいかにもお堅い印象で、仕事に対しても非常に厳しい性格で皆から恐れられた。
当然栞さんは部署内でも孤立し、完全に浮いた存在になっていた。でも俺はそんな彼女に一目惚れしてしまい、休み時間に仕事以外の事でも頻繁に話し掛ける様にした。
最初こそあまり相手にされなかったが、少しずつ心を開いてくれ段々と良好な関係を築いていった。
そして半年が過ぎた頃、俺は意を決して栞さんに飲みの誘いをしてみた。
「あのーすいません、課長って今日何か予定あります?」
「ないけど、それが何か?」
「もし宜しければ、俺と一緒に飲みに行きませんか?」
「えっ?そんな事?いいわよ、園田くんの奢りなら行ってあげる」
栞さんは何の躊躇いもなく了承してくれ、退社後に二人きりで居酒屋に飲みに行った。
その日の栞さんはかなり上機嫌で、今まで会社では見た事のないフランクな一面を見れて、非常に新鮮な気分になったのを覚えている。
話に花が咲き、しばらくしてふと時計を見てみると何と深夜0時を回っていた。
「やべっ?もう終電行っちゃってるよな・・・ああ、どうしよう」
「よければ私の家に泊まる?ここから近いし」
「良いんですか?」
あまりに予想外過ぎる誘いに俺は思わず、大声を出して聞き返してしまった。酒が入っていたせいもあるのか、普段の栞さんからは絶対に考えられない様な台詞だった。
「別に構わないわよ、大したおもてなしは出来ないけど、泊まってく?」
「はい?喜んで」
こうして居酒屋を出た後、タクシーを呼んで走る事、数分。
とある二階建ての簡素なアパートの前に着き、どうやらここが栞さんの自宅の様だった。
栞さんの部屋は二階で階段を上がって一番奥にあり、室内も質素なワンルームの造りで、装飾品があまりなく女性らしさを感じなかった。
「どうぞごゆっくりして下さい」
冷蔵庫から取り出した缶ビールを飲みながら、俺に寛ぐ様に促してきた。
「すいません、トイレ借りますよ」
「ええ、どうぞご自由に」
洋室を出てトイレへ向かう途中、玄関の横にある洗濯機が視界に入って来た。俺はその中身が気になり、見てみたいと思い部屋の方を確認する。
栞さんのいる洋室のガラスドアは閉まっており、尚且つ彼女もこちらに背を向けており気付かれる心配は少ないと判断した。
そして音を立てない様に蓋を開けて中を拝見したら、そこには艶やかな花柄刺繍をあしらった黒のTバックが入っていた。普段はお堅いイメージの栞さんからは、かけ離れたセクシーな下着に異常な興奮を感じた。
これは恐らく、昨日栞さんが身に付けていたものだろうと推察され、俺はそのTバックをささっとポケットに入れ、再び気付かれない様に蓋を閉めた。
そして俺は何事もなかったかの様にトイレに入り、下着に染み付いた栞さんの汗や尿の臭いを嗅ぎながら、息子を露出させて自慰行為を行った。
その後、射精した事による開放感に見舞われながら洋室に戻った。この時、栞さんが身に付けている下着が気になって自然と彼女の身体を見ていた。
「ちょっと?どこ見てるのよ?」
「あっ?すいません、ちょっと綺麗だなって思って」
「今更、何言ってるのよ」
そう言いながらも栞さんは満更でもなさそうな表情を浮かべていた。
「今まで彼氏とかいなかったんですか?」
「いたわよ?それくらい・・・最後にいたのは6年ぐらい前だったかな」
「何で別れたんですか?」
「そいつね、私と付き合ってたくせに妻子持ちだったのよ」
栞さんの恋愛事情を知り、同情の念を強めながら俺は話を進めた。
「それから、告白とかもされてないんですか?」
「されないわよ・・・だって前の彼と別れた時、私もう32だったからさあ・・・三十路のおばさんなんか誰も相手にしないのよ」
「そんな事ないですよ?俺は課長の事、綺麗だと思いますよ」
「またまたー、お世辞はいいわよ」
「いや、課長は本当に綺麗ですよ」
満更でもなさそうな表情を浮かべながら、缶ビールを飲み続けていた。
「それに課長だって、まだ女を捨ててないじゃないですか」
「・・・どういう意味?」
「これです?」
ズボンのポケットからTバックを取り出し江上さんに見せ付ける。
「きゃああああああ?ちょ、ちょっと?何で持ってるのよ?」
顔面を真っ赤に染め、俺から下着を強引に奪い取った。
「見せる相手がいないのに、そんなに大胆な下着を着けてるんですね」
「こ、こういうのは気分の問題だから・・・別に相手がいなくても・・・」
「じゃあ俺が、その見せる相手になりましょうか?」
「ば、馬鹿?部下のくせに上司を揶揄ってんじゃないわよ」
「言っときますけど、俺本気ですよ?」
真剣な表情で栞さんに訴え掛け、彼女にも何かが伝わったのか。
「ほ、本気で言ってんの?」
「当たり前じゃないですか?」
「本当に・・・こんな、おばさんでいいの?」
「はい、見たいです。・・・・・・それに課長だって俺を泊めるって言ったからには、全く期待してなかった訳じゃないでしょ?」
部屋に重たい雰囲気が流れ、互いに目を合わせ様とせずに横目で互いの様子を窺っていた。そんな沈黙の中、先に口を開いたのは栞さんの方だった。
「・・・下着だけ?」
「い、いや・・・あの、出来ればその中に隠されてる部分も見たいかなあって」
栞さんは俯きながら神妙な面持ちで何かを考え、少しして顔を上げた。
「いいわよ、見せてあげる?」
「本当ですか?」
「冗談でこんな事言ったりしないわよ」
栞さんはその場に立ち上がり、眼鏡を外して髪を束ねていた髪も振り解き素顔を曝け出す。
着ていたジャケットを脱いで床に投げ捨て、Yシャツのボタンを上から一つずつ取り外していった。ボタンを全て外し終え、袖から手を抜いてそっと床に落とす。
煌びやかな赤いレースブラ目に飛び込んで来た。尚且つそのブラはカップの部分の生地が薄く乳首が透けて見え、息子も思わず反応してしまった。
「じゃあ、次は下ね」
もはや完全なストリップショーだったが、俺は栞さんの脱衣姿を見る事に全神経を集中させた。
タイトスカートの留め金の部分を外し、ファスナーを下ろしたら床に滑り落ち、足先で払い除けた。今度はストッキングに手を掛け、しゃがみ込みながら脱いでいった。
すると派手な蝶柄の赤いTバックが目に映り込んできた。又しても生地が薄く陰毛が透けて見え、非常にエロかった。
「ふふっ、凄いのは前だけじゃないのよ」
くるりと体を反転させると極細の紐が割れ目に食い込んでおり、綺麗な形をした尻がより強調されていた。
「おおっ?・・・いつもそんなの着けて仕事してたんですか?」
「そうよ、昔からこういう下着は派手なのが好きなの。着けてないと仕事にも身が入らないのよ」
栞さんの趣味嗜好の理由を聞きつつ、俺は下着姿の彼女を見続けた。
「ねえ、私としたい?」
「勿論です?」
「じゃあ、一つだけお願い聞いてくれる?」
「はい?何でしょう?」
「これから二人きりの時は、私の事、栞って言って欲しいなあ。私も園田くんの事、達也くんて呼ぶからいいでしょ」
照れ臭そうに自分の下の名前を呼ぶ様に要求する栞さんを見て、初めて彼女の事を可愛いと思ってしまった。
ずっと座ったままだった俺は立ち上がり、栞さんと顔を突き合わせて両肩に手を置き、彼女に語り掛けた。
「栞さん?」
「達也くん?」
お互いの愛情確認を終え、目を瞑った栞さんの顔に近寄って唇と唇が触れ合う。
「あぁ?んぐぅぅ?あっ、あっ・・・ペチャッ、グチュッ、ペチャッ、ペチャッ、チュァァ」
俺は今まで溜めこんできた栞さんへの欲望が爆発し、半開きだった彼女の唇から舌を侵入させ、執拗なまでに柔らかく良い香りのする舌を求めていった。
それだけでは物足らず、両肩に置いてあった手を下へ滑らせて、栞さんの露出している臀部を鷲掴みにした。
「あぁん?・・・あん、あん・・・あぁぁ~んんぁ・・・、あっ?」
年の割に全く垂れていない均整な形の取れた尻は揉み応えがあり、手に馴染んでいく様な感触だった。
「はぁ、はぁ、・・・」
栞さんが息切れを起こす中、背中のホックを外してブラ紐を肩から滑らせ、適度な大きさのお椀型の胸を露わにさせる。桃色の乳首が魅力的で美乳と呼んでも過言ではなかった。
勢い止まらず跪いてTバックの紐に手を掛けて、ゆっくりと下ろして足首から抜き去り、遂に一糸纏わぬ姿になった。
目の前にはきちんと手入れをされている恥部が現れ、無駄な贅肉が一切付いていない均整の取れたそのスタイルは、正に完璧の一言だった。
「ねえ、どう?そんじょそこらの若い女に負けてないでしょ」
確かに栞さんの言う通りで、その姿を見ていてズボンの中の息子が限界にまで反り返り、爆発寸前にまで達していた。
「達也くんたら・・・しょうがないわね、こっちおいで、脱がせてあげる」
栞さんはYシャツのボタンを一つずつ丁寧に外してくれた。
「まず上からね」
ボタンを全て外し終えたら両手を上げる様に指示をされ、インナーごと脱がされた。
「次は下、脱がせるわね」
ベルトを取り留め金を外したら、中に穿いているトランクスごと一気にずり下げてきた。
太く脈打ってる息子が栞さんの前に勢いよく飛び出した
「んふっ?意外と大きいのね?」
「そうですか?」
「少なくても前の彼よりは大きいわね」
まるで子供が新しい玩具を見る様な興味津々な目で、俺の息子を見てきた。
「舐めてもらっていいですか?」
「ええ、舐めてあげるわよ」
栞さんは俺の目の前で跪き、息子を手に取り上下にシゴいてくれた。
「じゃあ、遠慮なくいただくわね」
「ど、どうぞ?」
栞さんは大きな口を開け、根元まで一気に咥えてきた。
「チュポ、チュポ・・・ジュボッ、ブジュッブチュッ・・・チュバッ、ジュッ・・・ジュルジュポッ、ジュブゥッジュプッ」
厭らしい音を出しながら栞さんの口から息子が出し入れされ、カリ首には舌のザラザラとした感触が亀頭に伝わり、あまりの気持ち良さに思わず口内射精をしてしまった。
「はぁ・・・はぁ・・・栞さん、俺もう・・・」
「いいわよ、おいで」
「栞さん?」
勢いそのままに部屋の片隅にあったベットに押し倒し、栞さんの上に覆い被さって両手で胸を鷲掴みにした。
「あんっ?」
40を目前にした女性とは思えない弾力と張りで、その柔らかい胸に顔を埋め左右に動かし、口には桃色の乳首を交互に含んでいた。
「あぁ・・・あぁぁ、んっ?・・・んあぁぁぁぁぁぁ?」
もっと胸を堪能したかったが、それ以上に息子が栞さんのアソコを要求していた。
綺麗に生え揃えた陰毛の下にある割れ目に亀頭をあてがう。既に蜜液で濡れている陰裂にゆっくりと膣内へと入れていった。長年使ってない膣道は処女の様に狭く、息子を圧迫してきた。それでも何とか根元まで入り、一番奥にある子宮にまで到達した。
「うっ?あっ、あぁぁん?うぐっ、んふ・・・んっ、んんっ・・・んあぁぁ」
亀頭には子宮の壁に当たる感触がし、腰にこそばゆい快感が迫ってきた。
「う、動かしますね」
「う、うん」
ゆっくりと腰を動かして骨盤に打ち付ける度に、何度も何度も亀頭の先端が子宮の壁に当たっていた。
「あぁぁぁ、・・・?そこっ?そこ、そこ?・・・あぁぁん、気持ち良い・・・もっと、もっと突いて?」
栞さんの性欲が溜まりに溜まっていたが遂に爆発し、彼女が求めるがままに腰を振り、息子を奥へ奥へと押し進めていった。
「あぁん?あぁぁん?あん、あん、あん、あん、あん、あん、んあっ?あっ?あっ?あっ?」
部屋に響く厭らしい喘ぎ声を聞いて更にヒートアップし、ピストンを速めていった。
一生この快感が続けばいいのにと思ったが、そんな幸せな時間は意外とあっさり終わってしまった。
数分も経たないうちに絶頂を迎え、先端が壁にぶち当たった瞬間、膣内に射精してしまった。
互いにまだ繋がったままで余韻に浸り、結合部からは精液が流れ出ていた。
「ねえ達也くん、本当に私とこうなった事、後悔してない?」
「何言ってんすか、俺は栞さん以外の女に興味ないですよ」
「本気で言ってるの?」
「当たり前じゃないですか?」
「じゃあ、私と同棲しない?そしたら毎日、私の下着姿見れるわよ」
突然の栞さんからの同棲の誘い。俺には迷う理由がなかった。
「いいですよ?じゃあ、同棲しちゃいますか?」
「明日、日曜日だから一緒に不動産屋に行きましょ」
「はい?」
「・・・と、その前に」
俺に押し倒された格好になっていた栞さんが、突如の体勢を入れ替えてきた。今度は逆に俺が栞さんに馬乗りされた格好となり、いわゆる騎乗位というやつだ。
「朝まで付き合ってもらうわよ。ご無沙汰だったから結構溜まってるのよ」
「はい、栞さんが満足するまで付き合います」
「良い心構えね。それと言っとくけどね、私こう見えても結構上手いのよ」
「そうなんですか?」
「じゃあ、今から私のテクニック見せてあげる」
そう言って栞さんによるエロい腰使いが始まった。腰を前後にくねらせる様に動かし始め、グラインドする度に途方もない快感が押し寄せてきた。
「あぁんっ、あぁんっ・・・あっ、あっ、あっ・・・ん、んんっ、んあ、あぁっ、あぁっ」
部屋には栞さんの喘ぎ声が響き渡り、髪を振り乱して乳房が激しく上下する姿は圧巻で、彼女の熟練したテクニックに圧倒され、数分も持たず二度目の膣内射精をしてしまった。
「はぁ・・・はぁ・・・まだまだ、終わらないわよ」
「はい、分かってます」
相当溜まっていたのだろうか、翌朝の昼過ぎまで激しく身体を貪り合った。結局、その日は不動産屋に行く事が出来なかったが、数週間後に二人の新居となるアパートに引っ越し、同棲を始めた。
周囲には内緒で栞さんと交際を続け、会社では今まで通りに接してきたが、家に帰ると会社とは打って変わり、セクシーな下着を見せてくれ、互いの身体を求め合う、そんな関係が1年近く続けた29歳の春先。
栞さんが突然、謎の体調不良に見舞われたのだ。それが何日も続き、彼女に病院に行く事を勧めた。
その日、会社から帰ると栞さんは満面の笑みで俺を待ち構えていた。
「お帰りなさい?待ってたわよ」
「・・・ど、どうしたの?」
「まあ、いいから座って座って」
言われるがままにリビングに座され、栞さんは神妙な面持ちで俺と向き合った。
「それで、どうだったの病院?」
「うん、驚かないで聞いてね・・・」
俺はこの時、てっきり何か悪い病気かと思ったが、その予想は良い意味で裏切ってくれた。
「出来ちゃったみたい?」
「出来たって・・・も、もしかして」
「うん、赤ちゃん、出来ちゃった」
「ほ、本当?」
「うん?」
栞さんは自分のお腹を擦りながら幸せそうな顔をしていた。
俺にとっては全くの予想外だった。正直な話、栞さんは年齢的に妊娠する事は難しいと踏んでいた為、妊娠した事の驚きはより強かった。
「三ヶ月だって」
三ヶ月前と言えば俺と栞さんが、正月休みに温泉に行っていた時期と重なっていた。
「あの旅行の時に出来たのかな?」
「た、たぶん・・・」
妊娠時期が判明し、より実感が湧いてきた。
「触って、ほら」
栞さんが俺の手を取り、自分のお腹に当ててきた。この中に二人の愛の結晶がいるという事実が妙に神秘的だった。
「なあ栞さん、俺と結婚しよう?」
「ええ、生まれてくる子供の為にも正式な夫婦になりましょう」
後日、役所に婚姻届けを提出し、俺と栞さんは正式な夫婦となった。結婚式は30代のうちに挙げたいという彼女の希望で、結果的にジューンブライドという最高の形で執り行われた。
最も同僚や上司、後輩に出来ちゃった結婚の事を打ち明けたところ、揃って腰を抜かしたのを覚えている。でも何だかんだで、皆祝福してくれて本当に幸せだった。

結婚式から半年後、23時間の難産の末に長女が生まれた。そして、出産を終えたばかりの栞さんから病室で涙ながらにこんな事を言われた。
「達也くん、ありがとう・・・私に母親になる幸せを与えてくれて、本当にありがとう」
「どういたしまして」
「それで早速なんだけど・・・この子に弟か妹、作ってあげない?」
出産を終えたばかりの女性とは、思えない発言が飛び出してきた。
「いいよ、作ってあげよ」
俺も子供は大いに越したことはないと承諾した。こうして退院してすぐに子作りが再開し、栞さんの年齢的にも急がねばと思っていた。
だが、意外にも2ヶ月後、すんなりと妊娠した事が発覚。
翌年には又しても48時間の難産の末、双子の男の子が誕生し、一気に三児の父となった。
現在、俺は34歳、栞さんは45歳の年の差夫婦ながら子供3人と幸せに暮らしています。

タイトルとURLをコピーしました