【人妻体験談】我が家で開いていた英会話の講師に目の前で妻と寝取られセックスをされた夫


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
今年40才になる平凡なサラリーマンです。

不況の中、何とかリストラされずに頑張っています。

妻、公江(37才・155・83・60・88)と子供が2人(小6・小3)小さな一戸建に住んでいます。

去年の春から週に2回、我が家で英会話教室を開いています。

講師は来日して10年になる、ジョン(アメリカ黒人・37才)で、きっかけは妻の親友の旦那の関係で・・長くなるので省略します。

私は朝7時頃家を出て夜8時頃帰宅します。

妻の異変に気付いたのは、化粧が濃くなった感じと、SEXの時積極的になった事アノ時英語が混じる事、下着が派手になった事・・・etc

私も家族の為に一生懸命働き、妻にも子供にも不満はありませんでした・・あの日までは・・。

それは今年の初め頃、いきなり妻が離婚してくれと言い出してきた。

私には訳が解らず理由を問いただすと、ジョンと浮気している、そして離れられないし、これ以上秘密に出来ないから・・。

2人の子供を実家に預け、ジョンを呼び話し合いをした。

ジョンと会うのは5回目くらいだった、身長は190cmでガタイも良くK-1の選手みたいで威圧感がある。

「いったいどう言う事なんだ?どうしたいんだ?」

「スミマセン、デモ、キミエハアナタニマンゾクシテナイ・・」

「・・・?どう言う事?」

「ツマリ・・SEXデス・・」

「SEXって??そんな関係なのか?」

「ごめんなさい・・いつ言おうかと・・ごめんなさい・・」公江は謝るばかり、私は頭の中が真っ白になった。

「キミエ・・コッチニキナサイ・・」妻は私に気を遣いながらも、ジョンの横に座った。

「コレカラ・・ホントウノSEXミセマス・・ソレカラカンガエテ・・」2人はキスを始めた・・

私は怒りに打ち震えたが、本当のSEXと言うものに興味も有り、正直ジョンが怖かった。

長い濃厚なキスを交わすとジョンは服を脱ぎ出した。

「サア・・キミエ・・イツモノヨウニ・・」ジョンの下半身には、長大なヘチマみたいなペニスがだらしなく、ぶら下がっていた。

妻はその前に跪くと、妻の手首程のペニスを両手で支えながらフェラチオを始めた左手で根元を支え、右手で扱き、亀頭を頬張り・・

苦しそうだが恍惚の表情を浮かべている。

「オオウ・・ハア・・イエス・・イエス・・ソウデス・・オオオ・・・」ジョンは私の方を見ながら、勝ち誇った様に繰り返す。

暫くすると硬度が増し、長さは20cm以上の女性の腕程になったペニスが・・。

「ドウデスカ?・・キミエ・・ホシイデスカ?・・ナメテホシイデスカ?」

「あああ・・ジョン・・欲しい・・もうダメ・・舐めて・・」

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました