バイト仲間だった美菜子ちゃんのパンスト


出典元:萌え体験談

25年前、俺が大学生だった頃の話です。
仕送りだけでは生活するのが精一杯で、ガソリンスタンドでアルバイトしてました。
それほど大きなスタンドではなかったけど、セルフ給油なんてなかった時代なので、給油スタッフは常時最低でも5人はいて、正社員とアルバイトを含め8人が交代でまわしてました。
そのアルバイトの中に高校を中退した美菜子ちゃんがいて、美菜子ちゃんはいつも黒いパンストを穿いていました、俺はパンストフェチなのでいつも美菜子ちゃんの脚をオカズにしてました。
高校を中退したと言ってもいわゆるヤンキー女ではなく、比較的まじめでごく普通の十代後半の女の子でした、後日知ったのですが美奈子ちゃんが高校を中退した理由は、高校在学中にひどいいじめを受けたのが原因らしいです。
女の子のアルバイトは他にももう一人いましたし、美菜子ちゃんより可愛くパンストも穿いてましたが、美菜子ちゃんばかりをオカズにしてたのは、もう一人の女の子はベージュのパンストばかりだったけど、美菜子ちゃんはいつも黒を穿いていたのと、ユニフォームのキュロットスカートから伸びた脚がとても細かったからです。
出勤してユニフォームに着替えるのですが、狭い事務所に更衣室は1か所しかなく、着替えてる時は中から鍵をかける習慣になっていました。
バイトを始めて半月ほどした頃です、俺と美菜子ちゃんは同じ時間にアップだったので、俺はレディーファーストで美菜子ちゃんに「俺急がないから、着替えお先にどうぞ」と更衣室に促しました。
事務所内でタバコを吸っているとそのうち美菜子ちゃんが出てきて「お疲れ様でした」と帰って行ったんですが、いつもはパンストはそのまま穿いて帰るのにその日は素足だったのです。
「もしかして」と思い更衣室に入り鍵をかけ、真っ先に見たのはごみ箱でした、そこには丸まった黒い物体が入ってました、ほんの数分前まで美菜子ちゃんの脚を包んでいたパンストであることは明白でした。
ごみ箱に手を入れパンストを拾い上げました、いつも思い出しながらオナニーしてた美菜子ちゃんのパンストが自分の手中にあるんです、心臓は張り裂けそうなほど脈打って生唾も出てたのを覚えています。
長い時間更衣室にいると怪しまれるので、すぐにでも匂いを嗅ぎたい気持ちを抑えとりあえず私服に着替えて、パンストはジャンパーのポケットに忍ばせて更衣室を出て帰りました。
下宿先のアパートに着き、パンストを取り出し丸まった状態を戻すと踵が伝線してて、それが原因で美菜子ちゃんは脱いで捨てていったのだと分かりました。
まずはつま先あたりの匂いを嗅ぎましたが、美菜子ちゃんは仕事用のスニーカーを1週間ほど前に新しくしてたことは知ってたので、やはり新しいスニーカーの匂いの方が強かったです。
自分の鼻をつま先から足首の方にやると、少し生臭いような匂いでしたがとても興奮する匂いでした、その匂いはパンストの太ももまでしてましたから、あれは美菜子ちゃんの脚の肌の匂いでしょう。
股の部分に鼻を近づけると、今度は別の種類の生臭い匂いと鉄のさびた匂いがしました、あの鉄のさびた匂いは血の匂いで美菜子ちゃんはあの日生理だったことが判明しました。
その日はパンストを丸めて匂いを嗅ぎながら、やがて精子が出なくなるまで繰り返しオナニーしました、中学でパンストフェチになって以来初めて実物のパンストを使ってのオナニーでした、しかも女の子が穿いていたパンストだったので興奮は半端ではありませんでした。
それ以来更衣室を使う時は必ずごみ箱をチェックしました、当時のパンストはとても伝線しやすく、美菜子ちゃんも仕事の途中で伝線させて穿き替えていたこともあります、またもう一人の女の子(名前は失念しました)の穿いたベージュのパンストも捨ててあれば持ち帰りました、ベージュは好みではなかったし脚も太かったのですが、顔は美菜子ちゃんより可愛かったし、黒と違いつま先の汚れも目立って興奮しました。
半年後には美菜子ちゃんの黒だけでも、気付くと10足ぐらいたまってましたので、最初に手に入れて匂いが薄くなったパンストをチンポに巻き付けてオナニーしました、黒いパンストめがけてドクドクとザーメンを出し、まるで美菜子ちゃんの脚にぶっかけてる気分でした。

タイトルとURLをコピーしました