無錫市ていた私は…ナンパされた男たちの肉棒を次々に…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
私が10代の頃、ボディーボードが趣味で毎週海に行ってました。
ある夏の日、友達と海に泊りで行く事になりました。
波乗りを楽しみに行った訳ですが、実は友達は海で知り合った男に会いに行く約束をしていたらしく、その男の家に行く事に・・・。

着いた途端、友達は私をそっちのけで男とエッチし始めました。
私はその男の友達と2人きりにさせられ、なぜかエッチする雰囲気に・・・。
私のタイプではなかったので、隣の部屋から聞こえる友達の喘ぎ声に聴き入り、その男を無視してました。
すると男が舌打ちしたのです。

無性に腹が立った私は家を飛び出しました。
エッチの途中だった友達と男、そしてムカつく男もビックリして追いかけて来ましたが、私も必死でボードを持って逃げました。
お酒も飲んでいたせいもあり後先考えず、ただただ逃げました。

3人に見つからないように隠れていましたが、少しして見えなくなると、とぼとぼ歩き出しました。
タイプでない男と2人きりにさせられ、自分だけ楽しんでる友達に、すごくムカついていたんだと思います。

でも、駅からものすごく遠いところでタクシーもないし、電車もない。
重いボードを持っててどうしていいかわからない。
しかも友達のエッチな声を聞いていた私はなんだか変な気持ちになってました。
とりあえず地元に帰りたかったんです。

そこへナンパ車が・・・。
酔っていてあまり覚えてませんが、男の人が何人か乗っていました。

男「何してるの?」

私「友達と喧嘩して帰るとこ」

男「帰るってw地元の子じゃないでしょ?駅まで歩いていける距離じゃないよ」

私「そーなんだ・・・」

私は『乗って行きなよ』の言葉を期待してました。
すると期待通り、男が乗せてくれると言ったのです。

(やったー!)と思ったのも束の間、私の乗れるスペースがないのです。

結局、男一人がトランクに入り、私は乗せてもらう事ができました。
セダンでしたから男は5人居たようです。

乗った途端、リーダーらしき男が、「けど、ただじゃねー」と言い出しました。
私はそんな大勢でした事もないし、またまた(はぁ?)と思いましたが、歩くのが嫌なのと眠いのと、少しエッチな気分なのとですんなりOKしてしまいました。



エロ体験告白 性獣熟女
官能小説ランキング

私「本当に駅まで乗せてくれるならいいよ」

男「それはもちろん!」

それから人気のない場所に車で移動しました。
私はすごくドキドキしてました。
はっきり言って男達の顔も見えなかったw
人気のない空き地みたいなとこに着きました。
なんかもう緊張というか期待してた気がします。

酔っていた私は、「いっぺんには無理!一人ずつ・・・」なんて事を普通に言ってました。

リーダー以外の男は大人しく、会話した記憶もありません。
リーダーが「見張りしてろ」みたいな事を言い、他の男は外に出ました。
私は後部座席の真ん中に座っていたのですが、リーダーが後ろに来て私に覆いかぶさりました。

いきなりディープキス。
私はもうどーでもいーやって感じでした。
アルバローザのワンピの下はビキニを着ていたので、ワンピを捲られ、ビキニの上をたくし上げられました。
すぐに男は乳首に吸い付いてきました。
私はおっぱいがすごく感じるので、すぐに声が出てしまいました。
ブラを捲る形だと、より敏感になる気がします。
男はすぐに下に手を入れてきました。

「んっんっ・・・」

キスしながらだとすごく感じます。
男が指をアソコに這わした途端、ヌルッとしたので恥ずかしかった。
そこから男はものすごく興奮したらしく、あっという間に脱がされアソコを押し付けて来ました。
アソコでなぞられるとゾクゾクっとして、それだけでイキそうになりました。
つい自分からアソコを押し付ける感じで挿入され・・・。
少ししてゴムをつける事を思い出し、男に頼みました。
男は渋々サイフからゴムを出して付けてくれました。

再度挿入・・・。
男のアレはすごく相性がいいらしく、気持ち良くていつの間にやら自分でも腰を動かしてしまいました。
車がかなり揺れて、ふと外を見るとスモーク越しに他の男が見えました。
みんな、じーっと車の中を見ていて、なんだか恐かった。
なんだか見られているのが恐怖なんだか興奮するんだか、ものすごくエッチな気分なり、お互い結構早くイキました。

余韻を楽しむ間もなく、いつの間にやら違う男が私の上にいました。

「さっきの人じゃないよね・・・?」と言う問いも無視し、キスされました。

キスが痛くて、慣れてない男なんだなと思いました。
乳首も吸いつき方が痛くて、ちょっとイラつきました。
アソコもろくに触らず、でも私のアソコはまだ濡れてたのですぐに入れられました。
男はただハァハァ言いながら腰を振っていました。
(早く終われ!)って思ってる間に終了。

で、また次の男。
この男はキスが上手くて、カッコイイ人だったと思うw
無口だけど、なんだか気持ちがこもった(?)感じ。
乳首の舐め方からアソコの触り方まですべてよかった。
だからこの人には、「生でして・・・」とお願いしました。
すごく良くて長くなってしまい、誰が窓をコンコンと叩いたくらい。

それからはよく覚えてませんが、リーダーに生でしたのがバレて、「最後にもう一回」と言われ、やる羽目に。
夜中3時から始まり、解放されたのは朝の6時でした。

そのリーダーには連絡先のメモを貰いましたが、すぐに駅のゴミ箱へ・・・。
その後は自己嫌悪に陥りました。


えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました