【人妻体験談】お嬢様風な妻の弟の嫁と初めての母乳プレイから秘密のセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
妻が実家に帰っていない日。

そんな日はいつも、妻の弟夫婦の家で夕食をごちそうになる。

私の妻がお願いしていくからだ。

はっきり言って、あまり嬉しくはない。

他の夫婦やカップルなんかに挟まれるのが昔から苦手だったからだ。

でも今日もその日だった。

私は仕事を5時で終え、マイホームに帰った。

いつもと同じ時間に電話が鳴る。

義弟の妻から夕食の支度ができたとの連絡だ。

着替えをし、車で向った。

ピンポーン義弟の妻のあいさんが出てきた。

あいさんの歳は三十路半ば。

見た目は若干お嬢様風な感じで痩せ型体系。

身長は160前後くらいかな?。

顔はそれほど美人でもなく、ブスでもない。

可愛いわけでもない。

でも、雰囲気はいい、麗しの奥さん「どうぞ、寒かったでしょ」といつも笑顔で迎えてくれる。

俺は申し訳なさそうに上がらせてもらう。

照れくさそうに「・・・こんばんわ」と5歳になる娘のさくらちゃんが言う。

俺はニコッとしながら「こんばんわっ」と答えた。

いつもいる義弟のしん君の姿が見えない。

あいさんに、「あれ、しん君は?」とたずねると、「今朝職場に行ったら、午後から出張行けって言われて新潟に行ったのよ。

ほんとに無計画な職場よね」などと言いながら食事を並べていた。

「さっ、出来たわよ」

「いただきます」ビールをコップに注いでくれた。

喉が渇いていた俺は小さめのコップを一気に飲み干した。

「ぷわぁ〜っ、ウマいねぇ〜」

(・・・あれ?なんでビールあるんだろ。運転するからダメなのわかってるはずなのに・・・)

「あっ、俺運転なのについつい飲んじゃった。すぐ覚まして帰るから」と言うとあいさんが「いいのいいの、ゆっくりしていって」の後にまた注がれた。

さくらちゃんは「今日はおじさんがパパ?」

「ふふ、ね。パパがいないからおじさんがパパね」とあいさんは冗談を言っていた。

調子に乗って2本もビールを飲んだ私は、とても運転できる状態ではない。

代行車を呼べばいいかと運転をあきらめた。

時間も8時半を過ぎる頃さくらちゃんは「おやすみ」といってあいさんと二人で子供部屋へ行った。

手料理をつまみながら残ったビールを飲んでいると、あいさんが戻ってきた。

「ごめんね。5歳にもなってまだ、寝かしつけしないといけなくて」

俺は、「気にしないでください。もうそろそろ」笑顔であいさんは、「いいから、帰っても寝ないでまた飲むんでしょ。

」その通りだ。

「今日泊まっていったら。だったら気にしなくていいでしょ」どうしようか悩んだ。

更にあいさんは、「さくらが寝たから、これからは私の時間だし。飲もっ」

「毎晩飲んでるの?」

「うん、さくらから開放されたらしん君と二人で飲むの」

「へ〜、意外だね」

「そうかな?」会話が弾んでいった。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました