【人妻体験談】夫婦水入らずで温泉旅行のはずが妻が寝取られてしまい、犯される情景に興奮してしまって初めてのアナルセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
私は41歳で妻は38歳の中年夫婦先日、久しぶりに夫婦水入らずで温泉旅行に行ってきました。

夕食を終え、ゆっくりしたところで旅館のカラオケクラブに二人で行きました。

しばらくするとちょっと離れた席に座っていた男性グループ(私と同じくらい)のひとりが、妻に「ダンスのお相手を願えますか?」と聞いてきました。

妻は私の手前、一旦は断ったのですが、私は妻が他の男と身体を密着させて踊る姿を見てみたく、「いいじゃない、踊って来いよ」と妻を促しました。

「ご主人のお許しも出たし、お願いしますよ奥さん」と男は妻の手を引っ張ります。

妻は私の顔を見ながら、ダンスフロアに消えていきました。

私はウイスキーを飲みながら、妻の姿を捜します。

妻と男はフロアの隅の方でチークダンスをしています。

男の手が妻の腰に回され、なでるように動いているのが見えます。

お互いのからだはぴったりとくっつき、リズムに合わせて動いています。

それはセックスを連想させるのに十分なものでした。

きっと男は妻の乳房の感触を厚い胸板に感じ、味わっている事でしょう。

おそらく妻も、男の股間のものが当たる感覚を感じている筈です。

曲が終わり、妻が戻ってきました。

顔が赤らみ、ちょっと興奮しているのが判ります。

「どうだった?」

「どうって・・あの人、強引なんだもん・・ビックリしちゃった」

「でも楽しかったろ?」

「うん、まあね・・チークダンスなんて久しぶりだったし・・」妻もまんざらでもなさそうです。

一休みした頃、男性グループが再び妻にダンスの申込をしてきました。

一度踊った手前、断る事も出来ません。

妻はかわるがわる男達の踊りの相手をする事になりました。

もう私の隣に戻ってくる事も出来ません。

テンポのいい曲が掛かり、妻と男がジルバを踊り始めました。

男が妻をターンさせる時、妻の着ていた浴衣の裾がめくれ,太腿近くまで見えてしまいました。

その光景を見て男性グループから歓声が上がりました。

スローな曲の時は再びチークダンスです。

一人の男とチークダンスしている時に、別の男が妻の後ろから覆い被さり、サンドイッチになりました。

妻は悲鳴を上げましたが、決して嫌がっている様には見えませんでした。

20分くらいたった頃でしょうか、妻がようやく開放されて戻ってきました。

軽く汗をかき、乱れた髪が額やうなじに貼りついています。

浴衣は激しい踊りのせいで合わせが乱れ、胸元からブラが覗いています。

「お疲れさん」

「疲れたぁ、でも楽しい。あなたも踊りましょうよ」

「いや,俺はいいよ。・・ちょっと腹減ったからラーメンでも食ってくるわ」

「そう,私はどうすればいい?」

「もうちょっといればいいよ。戻ってくるから」

「わかったわ。じゃあまだここにいるね」私は妻を残してラーメン屋に向かいました。

30分ほどしてクラブに戻ってみると、私のいた席は奇麗に片づけられています。

店員に聞くと、「奥様はあちらのお客様と一緒に飲んでらっしゃいますよ」と教えてくれました。

覗いてみると、確かに妻はさっきの男性グループと一緒に楽しそうに飲んでいます。

私はカウンターで飲む事にしました。

カラオケの音にかき消されながらも、妻の嬌声が聞こえてきます。

「・・いやだぁ、お上手ねぇ・・」

「・・・んなこと・・すよぉ・・」

「・・・でしょう?・・・のよねぇ」

「きゃぁ・・・れしいぃ・・わぁ・・」断片的で良く判らないのですが、どうやら口説かれているようです。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました