ずっとしたかった母をついに貫通


出典元:エッチ体験告白ブログ
中学時代から母に女を感じていた。
母はちょっと太めだが比較的美人の類に入る。
大学に入って女をおぼえたが母への願望は消えなかった。
ずっと欲しかった母の体。47才になった熟れた体は、妖艶な匂いがしてきていた。
そんな母の体とおまんこを征服することになった。
それは親父が出張で家をあけていた日だった。
タイトルとURLをコピーしました