【人妻体験談】実母と妊娠の恐怖も、近親相姦の罪悪感もなく、お互いの本能のままに愛し合いながらセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
実母とのセックス・・・妊娠の恐怖も、近親相姦の罪悪感もなく、お互いの本能のままに愛しあいました。

夫と死別した母は女一人で僕を育て、ずっと2人きりでの生活を続けてきました。

そんな環境でしたので母は薄々気が付いていたと思います。

この前母と2人で温泉

旅行行きました。

大好きな母と二人で温泉に行くという事で僕の胸は高鳴りました。

おいしい物を食べ、お酒を飲み、温泉を満喫した僕達は恋人のようでした。

母がうつぶせになって本を読んでいました。

今回の温泉旅行は親孝行のつもりだったので僕は「マッサージしてあげる」と言いました。

母は「ありがとう」と言ってうつぶせにでふとんを取りました。

僕は腰を揉みながら母に「僕は母さんが好きです。」と心に秘めていた事を告白しました。

母の入浴をのぞいたり、母の下着でオナニーしていたのを目撃された事があったのですが母は何も言わなかったので。

母は「私も徹の事が好き」と言ってくれました。

僕は足を揉み始めました。

揉んでいた手をふくらはぎから浴衣をめくり太腿の方へ進めました。

そして僕の手は母のおまんこの部分をパンティの上からさわりました。

母の体が反応しました。

僕は母の秘部を触りながら、「今日1日でいいからオトナの恋人になって」と言いました。

それに対して母は小さく頷きました。

僕は母の浴衣をゆっくりと脱がせ、パンティ1枚の姿にしました。

そして僕も浴衣を脱ぎトランクス1枚の姿になり母を抱きました。

舌を入れ長い間キスをしました。

そして乳房を片方の手で揉み、乳首をなめました。

母の息遣いが早くなってきました。

僕は母のパンティの中に手を入れて、今までずっとあこがれていた母のおおまんこを触りました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました