【人妻体験談】中学教師の嫁と充実したセックスを楽しんでいる熟年夫婦


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
50代ながら中学教師の嫁と充実過ぎる夜の営みを楽しんでいます。

妻は音楽、美術担当の女教師で、私はエンジニアです。

ちなみに、俺は56歳、妻52歳の熟年夫婦です。

平日はお互い忙しくて朝と夜に少し話をする程度です。

しかし週末の夜は二人とも晩酌を済ますと暗黙の内にお風呂に入りベットに行きます。

すると妻の方から「可愛がって・・」と素肌に下着を付けないで薄い寝着を自分で脱いで全裸でベットに入って来ます。

たまには妻の全裸を見たくてベット脇のナイトランプを点すと

「やめて、・・恥ずかしい」と言いますが、

「久しぶりのお前の全裸を見たいんだよ」と言うと、

「エッチね、でもいいわ、特別見せてあげる」と言うので

「じゃあ、向こうを向いて、両脚を開いて、お尻を突き出してくれよ。」

と言うと「えっ?どこがみたいの?」と聞くから

「決まっているじゃない。

お前のおまんこだよ」

と言うと

「わかったわ、それでみるだけ?」と聞いてくる。

「なにしてほしいの?」と。

妻は「見せてあげるから、お返しにおまんこ舐めて・・・」と。

俺はとぼけて「この大きなお尻か?」と。

「いじわる・・・判っているくせに・・・。貴方のおちんちんが入るところよ。」と。

俺は「じゃあ、そこをお前の両手で開いてくれよ。」というと黙ってそこを開いてお尻を俺の顔に近づけてくる。

俺はそこをじっと見ていると「いや、見るばかりして…舐めて・・・」と催促してくる。

俺は吸いつくようにそこを舐めまわす。

妻は次第にもだえてくる。

しばらく、あそこがべとべとになるほど舐めまわしていると「もう、我慢できない。入れて・・・」と。

俺はその言葉を合図のように妻の前に仁王立ちになり、腰を付きだす。

妻は無言でそれを口に含み、舐めたり、手でこすったりしてくれる。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました