主人に嘘を付いて不倫旅行…背徳感が私の感度を何倍にも…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
内海桂子さんが亡くなりましたね!
97歳 大往生ですね。最高の死に方。
こんな時代じゃなきゃ 盛大な見送りが
行われただろうに…お悔やみ申し上げます。


昨夜、主人に今週末の泊りがけの件で嘘ついちゃいました。

「あなた、今週の土曜日曜なんだけど旅行に行っても良い?」

「どこへ行くの?」

「日本海の方へ」

「まだカニには早いんじゃ」

「大学の友達が、一人急に行けなくなって困ってるんだって。」

「子供は?」

「お母さんが見てくれるって」

「僕も週末ゴルフだから行ってきて良いよ。」

「うん。」

こんな感じで嘘ついちゃった。

ごめんね、あなた、複雑な心境でした。


官能小説ランキング

そして9日、10日と不倫旅行(恥ずかしいっ!)に行って来ました。

土曜日に彼と新大阪駅で待ち合わせし、そのまま新幹線に乗り込みました。

彼が他人の目を気にして、

グリーン車をとってくれてるのにはビックリしました。

行き先は名古屋、新幹線の中では、いろいろ彼とお話していたのですが、やっぱり後ろめたい気持ちがあったのは事実です。

すこし家のことを考えていたら、彼が

「どうしたの?」

「うん、どうしてこんな事したのかな?って考えるとちょっと」

「ご主人のこと?」

「うん、それに子供のこともあるし」

「今日と明日は、僕のために忘れて欲しい、由紀ちゃんとこうして行けるっていうのは夢だったし、やっと叶ったって感じだから凄く嬉しいよ。」

「、、、、」

「キスして良い?」

「ここで??」

「誰も見てないよ」

「でも」

「チュっ」

「!!っ、もう!ビックリした!」

「緊張してたから、あとは今夜のお楽しみ」

軽くキスされて、ある意味吹っ切れたような気持ちになり、私も若いころに戻ったように楽しむ事にしました。

名古屋に着くと彼はそのまま仕事、私は少し休憩してシャワーを浴びて、そのまま眠っちゃいました!笑!五時くらいに彼が帰ってきて

「何してた?」

「ちょっと前まで、眠っちゃってた」

「じゃ、出かけようか?」

「どこへ?」

「名古屋まで来たんだから、少しはうろうろしないと」

「する?」

「うん」

そのまま二人でベッドに行き二人で抱き合いました。

「由紀ちゃん、ひょっとしてオナニーしてたの?」

「してないよ、横になってただけ、どうして?」

「すごく濡れてるから。」

「感じやすくなっちゃったの、かな?」

「じゃあ、これは」

って言いながら、私の乳首を強く吸い出しました。

私はそれだけで声が出てしまい、そのときくらいに彼があそこを触りだしました。

私は気持ちが良くってかなり大きな声をあげたように思います。

そのあと彼のモノを口に含んで、ベッドサイドに彼が立ち、私が中腰になるような感じになりました。

その姿を想像するとかなり恥ずかしかったのですが、彼がとても喜んでくれたのでそのままの格好で続けました。

「由紀ちゃん、そのままクリトリスを自分で触ってみて」

「、、、!」

言われるままにクリトリスを右手でタッチし、時々あそこに指を入れたりもしました。

「由紀ちゃん、凄くエッチなことしてるって解ってる?」

「言わないで」

「あっちの姿見に映ってる姿、見てみれば」

ちょうど左手に全身が写せる姿見があって、それを見ると私の姿と彼の姿が大写しになっていました。


えっちなドラえもん


見た瞬間には私もビックリしたのですが、チラチラ見ながら彼のものを含んでいると、体中が熱くなってきて彼のものが欲しくなってきました。

「もう、入れて欲しい」

「えっ?」

「入れて欲しい」

「このままで?」

「!!!」

「じゃあ、鏡の前に立って」

「えっ!違う!ベッドで」

「いや、鏡の前に立って、壁に手をついて向こうむいて」

「嫌よ!そんなの」

「入れてって、今言ってたでしょ」

「うん」

「じゃあ」

私は言われるままに壁に手をつき、お尻を後ろに突き出すような格好で。

「もう少し足を広げて」

少しすると彼のモノが私の中に入ってきました。

私は入ってきた途端に、なぜだか真正面を向いてしまい鏡に映っている自分の姿を見てしまいました。

前回はホテルの天井に写る自分の痴態をみて感じてしまっていたのですが、今回は目の前に写る自分の顔。

恥ずかしくて恥ずかしくて、でも、そのままの立ったまま、彼が後ろから乳房を揉みだし私は正面を見るのが怖くて、そのままの姿勢から彼の方を振り返るように後ろを見ながらしました。

そのうち彼が私の腕を掴み、後ろ手に引っ張られ、なんだか私は解らなくなってきて、そのままイッいました。

彼はまだ射精しませんでしたから、そのまま前向きにされ片足を机に上げさせられ、今度は向き合うような感じで挿入されました。

彼は私と20cm以上の深長差があるので、少し窮屈そうでしたが、私は立ってセックスするなんて信じられなかったのですが、初めてしてもらって、ある意味感動しました。

だって立ったままだと、動くたびに彼の胸が私の体にあたり、それに私自身も彼に抱きつくような形になり、なんともいえない幸福感がありました。

私は少し背伸びをするような感じで、彼の首に手を回しキスをしながら、なんどもイッちゃったように思います。

彼の胸が乳首にあたると、恥ずかしいのと嬉しいのとがごちゃ混ぜになりすごく感じていました。

そのまま机の上に座らせられ、前から挿入されました。

そのときも彼にしがみつく様な感じになり、なんどもイッたように思います。

最後は彼が私のお腹の上に射精したのですが、男の人の精子がアソコから噴出すように出たのをまともに見てしまい、ビックリしました!射精するのは勿論知っていましたが、噴出す瞬間を見たのは初めてで、そのあと彼とシャワーを浴びて、夕食を兼ねて出かけました。


女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました