カーセックスで見知らぬ男たちに覗かれた私は激しい興奮を…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
35歳のバツイチ女性です。

離婚して早や7年が過ぎました。

実家に帰るのも恥ずかしくて、

離婚以来パートをしながら

ワンルームマンションで一人暮らしをしています。


官能小説ランキング


恋愛期間1年1ヶ月、結婚期間1年と、

付き合った彼(夫)との日々は楽しくもあり、

寂しくもあり、苦しい時間でした。

私にとって彼(夫)は初めての男性であり、

今も思い出したくもないのですが、

忘れることも出来ません。

中でも彼とドライブしての帰り道、

河川敷き公園に車を停め、休息していた時のこと。

彼が「一度ここで、セックスさせてくれ」と言い出しました。

未だ暗くなるには時間があり、

向こうの公園では犬を連れた人や、

子供と遊ぶお母さんの姿がありました。

彼とはその時まで身体の関係は3回~4回持っていましたが、

いずれもホテルでの行為でした。

「人に見られると恥ずかしいから嫌」

と言っても聞いてくれず、

キスをして、胸を触って来ました。

とてもそんな気持ちにはなれませんでした。

それでも彼はズボンを脱ぎ、

トランクスを下げて来ました。

もう彼のおちんちんは大きくなっており、

顔を背けると力ずくで私の頭を彼の股間に押し付け、

おちんちんを咥えさせられました。

我慢できなくなったのか、

今度は形相が変わる位の勢いで私のパンツを脱がせ、

下着を下ろされ、シートを倒され、上に乗って来ました。

思わず、これって犯されているのと変わりないわと、

嫌な気持ちになってしまいました。

彼は構わず私の恥ずかしいところに彼のものを挿入して来ました。

お互い下半身裸です。

でもこんな状況を隠すことも出来ず、

もうどうすることも出来ませんでした。

えっちなドラえもん


そんな時、車の外でなにか音が聞こえたようで、

私も彼も横を見ると2~3人の男の人が

両側の窓から中を見ていました。

咄嗟の事でどうしていいのか分からず固まってしまいました。

彼の私の中に入っていたものも抜けてしまい、

彼は私の座っている助手席から運転席の方へ移動しました。

私も彼も下半身は丸見えでした。

窓の外から

「どうしたの?もう終わったの?俺たちがせっかく見てあげているんだからもっとやれよ」と。

そんな人の前で下着やパンツを穿くことも出来ず、

顔を隠し、下半身を見られないように

折っているしかありませんでした。

しばらくして彼らが立ち去った後、

二人の関係はぎこちなく、

もう彼に対して怒りばかりで話をする気持ちにはなりませんでした。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました