ポジ同士


出典元:エッチなゲイ体験談

ポジ同士

 

 

俺は、HIV感染者(ポジ)の28歳のゲイです。

大阪のロイ○ルで移され、

ポジになって彼氏とも別れました(涙)

HIVやAIDSの外的症状は全くなく、

血液検査で陽性と診断され、

投薬治療を続けて 、

現在の検査では、

ウイルスは検出されず0である。

ウイルスが検出されないが、

感染のリスクがあるので、

薬を飲み続け、

生でのセックスは禁止である。

でも、雄セックスはしたいので、

ポジを明かして、

コンドームをしてもらい、

発展場に出ています。

出会い系サイトで知り合った人には、

事情を話してコンドームを使用してもらいます。

ある出会い系サイトで知り合った兄貴30歳に事情を明かしたら、

相手もポジでした。

会ってみると、

俺の好みのタイプでイケメンでした。

治療薬を飲み続けているので、

俺と同じように、

ウイルスは検出されない状態でした。

そこで、生でエッチすることにしました。

有料発展の個室を取り、

遊びました。

大浴場に誘ったら、

ボクブリの股間に重量感があり、

モッコリが凄かったwww.

中身もフト・ムケマラで、

玉も巨大だったwww.

入浴して、

個室に入った。

再度お互いにHIVポジであることを確認し合った。

ガウンを脱いで、

ボクブリを脱ぐと、

兄貴は既に半勃ち状態。

ベッドに上がりまずは兜合せ。

俺のモノも自慢のデカマラだったが小さく見えた(涙)

次に、生で咥えるのも、


咥えられるのも久しぶりだったので、

69スタイルで咥え合った。

お互いに先走りでヌルヌルしたモノをシャブリ合ったwww.

兄貴の指が俺のアナルを攻め始めた。

兄貴の指が2本入ったと思ったら、

続いて生の肉棒がメリメリと挿入され、

俺のアナルは兄貴のフトマラを全部呑み込んだ。

気持ちイイ。

太いので、ちょっとした抜き差しだけで、

俺のGspotが刺激され、

触らずに勃起状態www.

兄貴も久しぶりの生で興奮状態。

兄貴は

「2回逝くから、1回目を中出ししていいか?」と聞いてきた。

「いいよ。」

兄貴の1回目とほぼ同時に、

俺もトコロテン射精www.

兄貴は挿入したままピストンを続けて、

2回目もアナル内に射精。

俺は扱かれ、

2回目のトコロテン射精をしたwww.

兄貴は3回目が行けるかもと、

萎えないモノでピストンを始めた。

俺は3回目は無理と思っていたが、

勃起し始めた。

兄貴はピストンしながら、

亀頭にローションを塗り亀頭責めを始めた。

すると、

トコロテンとは違う快感に潮吹きさせられました。

兄貴も3回目の射精をして果てました。

兄貴は、

やっと萎え始めたと、

俺から抜いて、

俺に抱き着きました。

兄貴の竿に血が着いていたらしく、

「HIVを移してしまったかも」と、

笑っていました(笑) そして、

濃厚なキスをして、

少し眠りました。

兄貴は、抜かずの3回は凄い精力的な男性でした。

お互いに好みのタイプで、

セックスも合ったので、

その後も付き合うことになり、

セックスも生で続いている。

近々、ルームシェアの形で同居する予定です。

終わり

88x31_2



タイトルとURLをコピーしました