バイト仲間が私の身体を性処理に使うことが心地よくて…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
バイト先の仲間で仕事終わりに飲みに行ったんです。

男3人と、女は私ともう一人のA子。

時間が遅くなったので近くで

一人暮らししてる男の部屋でみんなで泊まることにしました。

ビールとか摘みを買い込んで行ったので、

結構みんなベロベロになってました。

そのA子ってのが女の私から見ても悔しいくらいキレイなんです。

可愛いしスタイルもいいし巨乳だし。

男3人もA子ばかりを見ているような気がしました。

(つまんないなぁ、早く帰りたいなぁ~)と、

内心思っていました。

官能小説ランキング


そのうち一人の男がA子に膝枕をしてもらいだしました。

A子もそれほど嫌がっていません。

私は気にしないようにして部屋にある本棚を眺めたりしていました。

すると、いきなりもう一人の男が後ろからA子の胸を鷲掴みにしました。

・・・と同時に、

一番カッコよくない男がベッドにいた私に覆い被さってきました。

(こいつら示し合わせてたんだ・・・)

気づいたときにはそのカッコよくない男に

思いっきり口を吸われていました。

「ちょ・・・私、ムリムリ」

ムカつきましたが、出来るだけ笑顔で抵抗しました。

A子はというと・・・。

(ゲッ、おっぱい見えてんじゃん!)

一人の男に肩越しに乳首を弄られ、

もう一人の男にジーンズを脱がされかけていました。

(A子でっかいなぁ・・・)

私はやけに冷静でした。

あまり酔ってなかったのもあるかもしれません。

私に必死に覆い被さっている男の頭を撫でながらなだめようとしました。

「ね、ね、もうやめようよ~。

わかったからさ~」

でも男はやめようとせず、

ぎこちない手で私のブラウスを脱がし、

ブラを外していきました。

私の乳首に勢いよく吸い付く男。

(あちゃ~・・何でこんな男にチチ吸われてんだか・・・)

自分が情けなくなりましたが、あまり抵抗はしませんでした。

突然A子のあえぎ声が聞こえてきました。

「あ、あ、あ、イヤン」

A子は既にジーンズを脱がされ、パンツの中に手が突っ込まれています。

指が出し入れされているだろうことがパンツの上からでも動きでわかります。

もう片方の手はA子の巨乳を揉みしだき口はおへそのあたりを舐めています。

もう一人の男はA子の両手を押さえつけ顔中にキスをしていました。

(A子の体があの二人を夢中にさせてる・・・)

私はぼんやりそんなことを考えました。

「なぁ、もう濡れてるだろ?俺らもやろうよ」

「ありえないありえない・・やめようよ、ね、ね」

私はジーンズのファスナーを下ろそうとする男の手を払いのけ抵抗しました。

A子は挿入されていました。

四つん這いにさせられ、後ろから突かれていました。

もう一人の男がA子の頭を押さえて咥えさせています。

A子のお尻が小刻みに震えているのがわかります。

(A子感じてるんだ・・・)

まもなく男は絶頂に達し、A子から抜き出しました。

ゴムは付けています。

続けてもう一人の男がA子を仰向きにさせ入れました。

「あん、あ、あん」

明らかにさっきまでとは違う大きな声。

完全に理性を失っています。

「もういいよ、お前」

私を諦めた男はA子に向かっていきました。

ぐったりしているA子をまた四つん這いにさせ後ろから入れました。

もう一人は咥えさせ、もう一人はA子のおっぱいを揉んでます。

私は上半身裸でポカーンとそのシーンを見ていました。

3人の男にいいように性玩具にされ男に射精されまくるA子。

一方放置されている私。

(たは・・これってミジメかも・・・)

思わず苦笑いしました。

おわり。

と思ったら始まりだったのです・・・。

A子で楽しんだ男達は気怠そうでした。

A子は眠り込んでいるようにも見えました。

一人で裸でいるのもバカっぽく思い、落ちているブラを着けました。

ブラウスを着て髪をとかしていると声がしました。

「何してんのお前?」

「え?いやもう帰ろうかなっと思って」

答える私。

えっちなドラえもん

するとぐったりしていたはずの男3人が立ち上がりました。

「何でお前いつもそうやってすかしてんの?興味あんだろ?」

「いや、私あんま性欲とかないんだよ・・・つまんない女でゴメンね」

笑いながら立とうとする私を3人の男達が囲みました。

「お前さ、嘘つくなよ。

お前もA子みたいにやって欲しいんだろ?」

そう言うと私の両腕を後ろからがっちり抑え身動きできないようにしました。

そして別の男がまた私のブラウスのボタンを外していきます。

ブラも外され、またもや露出する私のおっぱい。

乳首を吸われながら私はフロアーに寝かされました。

「ほら、気持ちいいだろ?」

乳首を弄びながら男は言いました。

「別に・・・」

短く答える私。

「ふ~ん、そっか。じゃあいいよ。おい、ズボン脱がそうぜ」

両腕を押さえられているため、

あっさりと脱がされる私のジーンズ。

抵抗しようがありません。

「じゃパンツも下ろしちゃうよ~。ご対面~」

ゆっくりと脱がされていきました。

「おぉ~~」という男達の声。

そして私の両脚は二人の男によって開かされました。

私のアソコをまじまじと見ながら男は言いました。

「さっき全然性欲なんてないっていったよね?これ何?」

「な、何って?」

「思いっきりぐしょ濡れじゃん・・・これどう説明するの?」

「さっきトイレに行ったからじゃないかな~、よくわかんないよ」

「お前トイレ行ったの何時間前だよ」

そう言って男は私の股間に顔をうずめていきました。

ぴちゃぴちゃという音がしてきました。

吸われ、噛まれ、唇を擦りつけてこられます。

相変わらず私の両腕は押さえられてます。

そこにもう一人の男が私の顔に跨ってきました。

「お口もさぼっちゃだめでしょ」

私は口に含みましたが何もしませんでした。

男は不満そうでした。

「お前さ~、何でもっと楽しまないの?感じたければ感じていいんだよ。声出したければ出していいんだよ?」

「別に気持ちいいと思わないし、こういうの私あまり好きじゃない」

私は出来るだけ冷静に答えました。

「女として生まれてきたんだから素直に女の喜びを感じろよ。お前がどう思っていようともお前は女の体を持ってるんだ。張りのあるチチ。くびれた腰。白い肌。お前の体一つで俺たちの性欲を満足させることができるんだよ。みんなの役に立ちたいと思わない?」

そう言いながら男は私に挿入してきました。

「あぅ」

つい声が漏れてしまいました。

私に挿入してきたのはさっきA子をメチャクチャ感じさせていた男でした。

「今、声出た?あれ~もしかして感じちゃってるの?」

男は動きを止めたままからかってきました。

私は頭が真っ白になってきました。

何かが壊れそうでした。

(A子がああなっちゃったのもわかる気がする・・・)

男はゆっくり動き出しました。

「あっあっあっあっあぁ~ん、あぁぁぁあっ・・・あん」

自分でもびっくりでした。

こんな『女』みたいな声出すなんて。

でも抑えられませんでした。

突かれるたびに、どうしようもない『女』の声が漏れてしまうのです。

次第に自分の背中は反り返り、私の上半身を押さえている男の腕を掴んでいました。

明らかに普段の自分とは違ってきていたのです。

「ほらほら。段々理性がなくなってきてるぞ」

男はリズミカルに私を突いてきます。

「ダ、ダメ、ほんとにダメ。お願い・・・もうダメ・・・」

「何がダメなんだよ?オラ、行くぞ」

男の動きが最高潮に達しました。

信じられないことに私は相手の動きに合わせて腰を動かしていました。

私はイッてしまいました。

そして私は生まれて初めて

自分の体を男の性欲処理のために使わせてしまったのです。

(私の体が男の理性を失わせ、私の体が欲望の対象となり、

そして私の体がその役割に満足してしまっている・・・私は女なんだ・・・)

それはいつも女らしくないと言われてきた私が初めて得た感覚でした。

その後はあとの二人にも私の体を任せ、したいようにさせました。

彼らは子どものように私の体を楽しみました。

それぞれ2回ずつ私でいき、私が女であることを思い知らせたのです。

そして美人でスタイルのいいA子よりも

私により多くの欲望を寄せられたことが、

誰にも言えませんが私には密かな誇りでした。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました