【人妻体験談】家族ぐるみの付き合いとなった奥さんとのコタツ悪戯プレイは人生で最高に興奮した


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
なぜだか隣の部屋の30代後半の夫婦と仲良くなった。

良く一緒に海に行ったり、山小屋に泊まりに行ったり、お互いの部屋で宅飲みをしている。

夫婦同士の4人で楽しんでいた。

俺は結婚してて、マンションと言うにはちとボロい、かと言ってアパートと言うにはちょっと高級、といった感じのペンションのような感じの家に住んでいた。

ある日の夜、その時もウチで宅飲みしてたんだけど、その日はSちゃん(26歳)がダンナと喧嘩をしていたんだ。

だからダンナは来てなかった。

俺はダンナに対するSちゃんの愚痴を聞いていた。

で、こういうシチュエーションではお決まりのようにうちの嫁が先に沈没。

そして俺も眠くなってコタツに潜り込んだのだが、なぜか下半身がモゾモゾと。

その時はゴムの緩くなってしまったパジャマを履いていたのだが、Sちゃんの手がパジャマの中へ。

Sちゃんが俺のペニスを弄んでいる・・・彼女は仰向けに寝ていた俺の身体を横向きにすると、おもむろに頭をコタツの中へ。

頭の中はフェラへの期待感と、「そりゃそうだ、仰向けだと頭が入らんわな」という妙に醒めている気分とが半々。

そしてSちゃんは俺のパジャマと一緒にパンツを膝まで下げた。

俺のパジャマとパンツをずらせたSちゃんは、ペニスを片手で握り、もう片方の手で亀頭をクリクリする。

酒をかなり飲んでいたにもかかわらず、俺のペニスはもうビンビン。

時々2本の指先で糸を引いてる先走り液をにゅーんと引っ張るような感触も。

なんせコタツの中の出来事なので感触を楽しむしかないのだ。

視覚が無い分やたら敏感になっているような気もするが・・・そんな具合に気持よくなっていたのだが、突然ペニスが温かいものに包まれた。

ついにSちゃんが俺のペニスを咥えたのだ。

まず思ったのは、Sちゃんの口の中の温度と感触は嫁と微妙に違うなぁと言う事。

その違いがなぜか妙に気持ち良かった覚えがある。

我慢できなくなった俺はコタツの布団をめくってみた。

そこにはペニスを頬張っているSちゃんの頭と嫁のナマ足があった。

それらが赤く照らされているのが何とも言えずシュールな感じ。

そう、まるで別世界のような、夢の中にいるような光景だ。

そんな俺の思いとは関係なく、Sちゃんは何かに取り憑かれたようにペニスにむしゃぶりついている。

吸って、舌で亀頭を転がして、睾丸を揉んだり、尻の穴にも指先を伸ばしてきた。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました