一人でツーリングに行った主婦です…腰痛の主人とは違う激しいセックスを…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
40歳の旦那と子供が3人います。

旦那とはバイクのツーリングクラブで知り合い結婚しました。

昔はいろんなとこへ出かけ最高でした。

5年前旦那は腰痛がひどくなり、

バイクはやめもう一つの趣味のゴルフだけにしました。

私のバイク好きは変わらずでしたが、

主婦なので乗る機会もほとんどありませんでした。

官能小説ランキング


しょっちゅう行くゴルフに申し訳なく思った主人は

「子供が夏休みの間はツーリングに一人でもいいなら行っておいで」

と言われました。

4年前から3泊くらいで行くようになりました。

そのはじめてのツーリングで Oさん(40歳)に会い、

道に詳しいので一緒に走りました。

最高に楽しく、私の泊まる安いホテルにOさんも部屋をとり

朝から夜まで一日中走りました。

主人とツーリングしたことを思い出し楽しい時間でした。

帰る日に「また来年も走れたらいいですね」

とラインを交換し帰宅しました。

それからOさんからのラインは

「こんなとこに行ってきました」と。

普段乗ることができない私は、

自分が行った気になり

「私も連れてって下さい」とそんなラインをしてました。

主人には心配かけたくないので、

Oさんのことはふせていました。

次の年は聞いていた場所に行き、

楽しく走りました。

夜、旦那と私の実家に行ってる子供に電話をし、

その後Oさんと食事に行き次の日のコースを決めました。

2日目はOさんの仲間(Kくん24歳)が来てくれて、

3台で走った後、夜は3人で食事をし、

Kくんに乗せられて私は少し飲みすぎてしまいました。

えっちなドラえもん


Oさんとホテルに戻るとき酔ってる私の手をつないでくれました。

「大丈夫」と聞かれ「うん」と答え、

ホテルのエレベーターに乗った瞬間キスをされました。

そのまま短パンのお尻を揉まれ、

下着ごとおろされお尻とアソコが丸出しに。

キスをやめ「ちょっと」と言うとエレベーターが開き、

Oさんに慌てて隠れようとすると転んでしまい、

Oさんは私の下着をとり先に出て行きました。

私は下半身丸出しで廊下をはしり、

Oさんの部屋に入りました。

その後、腰痛の主人とは違う激しいセックスをしました。

バックでなんて何年ぶりかなんで

自分でも腰が動いてしまうのがわかりました。

私だけ2回イキましたがOさんは射精しないで終了しました。

気まずくなって部屋に戻り、

主人の声がききたくなり電話しました。

いつもと変わらない優しい主人で安心し寝ました。

Oさんと朝会うとお互いに恥ずかしかったけど一緒に少し走り、

一日早く私は帰宅しました。

昨年も日中はバイクで一緒に走り、

夜は毎晩セックスしました。

今年は部屋を一つにし、

初日はバイクで楽しみ2日目は一日中セックスし、

3日目は「Kくんもエッチしたいと言ってた」と言われ、

イケメンのKくんは超タイプだったので、

初めて3Pというものをしました。

4日目の帰る日に「主人とアナルもする」と言うと、

アソコにOさんアナルにKくんと同時に入れられ、

私の中で二人のがこすれあって

人生で一番の快感を味わいました。

そして二人の射精を中でうけました。

バイクじゃなくセックスだけした夏休みになりました。

来年も3Pをしに行くと思います。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました