義父


出典元:萌え体験談

昔のことですが・・・・。
私は田舎の農家に嫁ぎました。当時、雪国の農家の若い男は冬場の半年は関東の方に出稼ぎに行くのです。6月に嫁いでその秋の取り入れ作業が終わると夫は東京へ出稼ぎに行きました。
義父母と私と3人で暮らしていました。
ある夜、重苦しい感触で目が覚めました。義父が私の布団に入っていて私に覆い被さっていました。びっくり仰天して声も出ませんでした。
義父は私の胸をはだけて乳房を揉み、乳首に口をつけて吸いました。
必死に逃げようとしましたが、大男の義父に押さえつけられて動けません。
寝間着を脱がされ、パンツも脱がされて、とうとう犯されてしまいました。
呆然自失している私から離れて義父は黙って部屋から出て行きました。
翌朝の義父母はいつもと変わらない態度です。当時の私は何を言うことも出来ませんでした。
それから10日ほど後、また義父が私の布団に入ってきました。
抵抗むなしく再び犯されました。当時の田舎の農家で部屋の鍵などありません。
昼間の普段の義父母の様子は全く変わりません。
それからも10日に1回位の割合で義父が忍んできて私を抱きました。
やがてお正月の16日、その日1日だけ嫁は実家へ里帰り出来るのです。
私はその日、思いあまって母にそのことを話しました。
すると母は沈んだ顔で言いました。
この村では、どこの家でもそうなんだよと。母自身も嫁いでから夫が出稼ぎに出掛けた間に夫の父から犯されていたとのことを。義母さんも恐らく知っている出あろう。我慢するしかないことを。
母からその話を聞いてから、仕方ないと覚悟が決まったというか義父が忍んできても抵抗せず、なすがままに身体をゆだねるようにしていました。
そしたら、不思議なことにそれまで感じたことのない女の官能(喜び)を知ったのです。
夫との数ヶ月の夫婦生活ではまだセックスの喜びを知らなかったのです。
あるとき、私の上で私を貫いて動いている間に突如私のそこから得も言われぬ快感がこみ上げ、その快感が背筋を駆け上がって脳天がしびれたのです。
わけがわからなくなった私は微かに声を上げて腰ががくがくと痙攣しました。
それからは義父が忍んでくる夜が待ち遠しくて、義父が挿入して動くと私も下から応じて腰を振るようになりました。
春になって雪が消えて、夫が出稼ぎから帰って来ました。
半年ぶりの夫は夜になると私を抱きました。出稼ぎに行く前は夫に抱かれてもただ横たわっていた私が夫の動きにもだえて喜ぶのを怪しまれないか怖れましたが、私は我慢できずにもだえのたうち回りました。夫も喜んで毎晩私を抱きました。
そして、不思議なことに、10日毎にしのんできた義父がぱったりと来なくなったんです。
そしてまた秋が来て収穫作業が終わると夫は出稼ぎに出掛けました。
そうすると、昨年同様、義父が10日置きくらいに私の寝室に来るのです。
結局、私は夏場の半年は夫と、冬場の半年は義父とセックスをしていたのです。
その翌年妊娠して秋に子供が生まれました。計算すると丁度夫が出稼ぎから帰って来た頃に当てはまるので夫の子供か義父の子供か分からないのです。
冬場の義父との関係は義父がだんだん年を取ってきて間遠になってきて10年ぐらいで終わりました。夫はそのことを知っていたのでしょうか。今でも分かりません。

タイトルとURLをコピーしました