【人妻体験談】妻に不倫の一部始終を自白させながら、寝取られ、嫉妬、愛憎、が錯乱する強烈な快感がよぎった妻とのセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
妻のパンティのクロッチ部分にやりたての生ザーメンが付着しているのにきづいてしまった。

妻に不倫の一部始終を自白させながら、肉棒を挿入した。

寝取られ、嫉妬、愛憎、が錯乱する強烈な快感がよぎった嫁とのセックスについて語りたいと思う。

三十路美熟女という言葉がピッタシの33歳になる嫁。

若い頃の深キョンに似ている

お肌はそれ相応に皺が増えたが化粧で隠すととってもキレイ。

ボディもナイス!

そんな自慢の妻は25日の朝方になってようやく、我が家に帰ってきました。

24日の夕方私の許可を得て妻は、以前からネットで仲良くなった男性に逢う為に出かけて行きました。

前日の夜妻からそのことを聞いた私は、不安と興奮が混ざり合った奇妙な気分でした。

妻は勿論食事をして少しお酒を飲むくらいだからとのことでした。

複雑な気持ちのまま少しの期待もありその男性と逢うことを了承しました。

夕方の5時過ぎに家をでかけてから11時過ぎに私の携帯にメールが届きました。

内容は少し遅くなってもいい?とのことでした。

私はいいよと返事はしたものの、そわそわした気分のままなかなか寝付けませんでした。

4時を過ぎても妻は帰宅しません。

うとうとしながら玄関のドアが開く音が明け方にしふと目を覚ました。

妻は寝室に入ってきてすぐにごそごそとクローゼットにある下着入れか1枚の下着を手に取り寝室を出ようとしているとき、

私は妻に「おかえり」と声をかけました。

妻はドキっとしたような表情で

「遅くなってごめんなさいついつい楽しくって遅くなっちゃった」と言いながら手に持っていた下着を後ろに隠すようにしていました。

私が「シャワーでも浴びるの?」と問いかけると

「飲んでたお店がたばこの煙が凄くって髪の毛がたばこ臭くってそのまま寝るの嫌だし」

そんな妻の言葉を信用するわけににはいかなかったので

「彼と寝たのか?」と率直に問いただすと

「そんなことするわけないでしょ!」と大きな声で言い返してきました。

私はこのとき確信しました。

妻は彼にやはり抱かれて来たのだと。

妻は昔からずぼしの事を問いただすといつもいきなり怒ったりする事が多かったからです。

私は寝室のドアの前で立っている妻をベットに押し倒し必死に抵抗する妻のスカートをまくりあげピンクの下着を下ろしました。

その瞬間・・・

妻の下着の大事な部分があたるクロッチに妻の体内から出た私以外の白い体液が付着していました。

ある程度期待して予測はしていた。

ですが、事実を目の前にすると恐ろしい嫉妬と興奮。

頭が真っ白になりました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました