【人妻体験談】同じ高校の同級生たちとこっそり温泉旅行やラブホテルで4Pセックスを楽しいる専業主婦


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
アラフォー専業主婦の私とA子は高校テニス部に所属していた同級生。

卒業して3年、町のテニスクラブの仲間でもありまた混浴友達。

最近二人とも結婚し住む所が離れてしまった。

相手はどちらも同じ高校の同級生。

A子の夫はハンサムなスポーツマンで私も憧れていた。

私の夫もスポーツマンでハンサムとは言えないがガッツもあり、またやさしくもあったので憧れている女性もかなりいた。

高校のときから4人で付き合っており、実はその時からこっそり温泉旅行、ラブホテルで4Pセックスを楽しんでいた。

卒業後も住む場所が離れたが、付き合いは続いている。

連絡しあって時々一緒に温泉にも行く。

一緒に行く温泉は4人で一緒にはいっても充分な広さのある貸切り露天風呂(家族風呂かな)のある宿、

できれば混浴風呂のある宿をインターネットや電話で確認して決める。

混浴風呂では他の客もいるので、穏やかに振舞っている。

たいていは男性客が多く、女性が来ると期待で緊張するようだ。

男の人は女性の裸を見たい見たいの一心

特に陰毛w

ヘアが見えないかとの期待

心の余裕がなくなることが多いようだ。

女性の隠し方もいろいろ。

タオルを腰に巻いて横で結び、両腕で胸を隠す。

後ろから見ても、お尻も隠れている。

また思い切って胸を隠さず露出すれば両手があき、いわゆる自由度がある。

混浴に慣れていない女性にお勧めの隠し方だ。

タオルを前にたらし、胸とおなかを抑える。

前からは完全に防御されるが、背中とお尻は丸見え。

また両手がふさがるので自由度が小さい。

タオルを半分におる。

胸は隠さない。

おなかから下だけを隠す。

すると露出は大きくなるが片手があき自由度がやや大きくなる。

胸を隠すか隠さないかで窮屈さが変わる。

さらに思い切ってタオルなし、片腕で胸を隠し片手でヘアを隠すいわゆるビーナススタイル。

意外と固く隠せるが、一糸まとわぬスタイルなので男性への刺激は強く、慣れていない人へはあまりお勧めできない。

湯船にはタオルを漬けないのが原則だが、混浴での女性はタオルで隠したまま湯に入ることは大目に見られている。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました