性感マッサージ師の親指以外の4本の指が、1番弱い部分の脇腹の辺りを微妙なタッチで


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
その日は天気も良く暖かかったので、

白いフレアのミニスカートにクロッチの付いていない

シースルーの白い紐パンティを履き、

ノーブラに薄手のコートだけを着て自転車に乗りました。

そして、いつもの露出散歩コースの新○心駅近くにある

け○き広場に向かいました。

官能小説ランキング



平日は人も疎らでベンチなどがあり、

プチ露するには恰好の場所です。

そこは屋上の様になっていて、

駅やビルに行くための渡り廊下みたいな歩道橋があり、

手すりの下が透明なので、ミニ履いて際に立つと、

下の道路や歩道から丸見えなんです。

(千夏も何度か歩道橋を通る女子高生のパンツを目撃したことがあります。)

千夏はベンチに座り紐パンの紐を緩めて、

周りを確認しながらミニの下から手を入れ

紐パンを素早く抜き取りました。

下をのぞき込むと何台もの車が千夏のオマンコの下を通り抜けて行きます・・・

中には運転しながら前に乗り出して

見上げて行くトラックの運転手さんもいました。

心臓の鼓動か徐々に高鳴ってきます・・・。

千夏は携帯をいじる振りをしながら、

片手でコートのボタンを上から順にゆっくりと外していき・・・

露出チャンスを待ちました・・・

少しすると前からトラックが走って来るのが見え、

千夏のいる位置から50m位先の信号で止まりました。

運転手さんの他に助手席にも男の人が乗ってます・・・

千夏は周りを気にしながら、信号が変わるのを待ちました。

助手席の男の人が千夏の存在に気付いたみたいで、

千夏のことを指差して運転手さんに何か言ってます。

(この時、千夏の頭の中で、「カチッ」という音がして、

頭の中がエッチモードに切り替わりました・・)

信号が変わりトラックがゆっくりと動き出しました・・・

2人の視線をしっかりと千夏の下半身に感じながら、

千夏の下を通り過ぎる瞬間、更に足を開き、

一瞬ですがコートの前を全開にしました・・・。

パックリと口を開けたオマンコとツンと尖った

薄ピンク色の乳首を見ず知らずの若い男2人に晒してしまったんです・・・。

おまんこから溢れ出したお汁が(ツゥーー)っと内股に垂れてくる感触がありました。

ふと、歩道に目を移すと作業服を着たおじさんがじっと千夏を凝視してます・・・。

千夏は(ハッ)として我に返り、急いで服を直しその場を後にしました。

(また今日もやっちゃった・・・)

いつものことですが、少しだけ後悔しながら一階にある駐輪場に向かいました。

でも、1度頭の中がHモードに切り替わるとそう簡単には元に戻りません。

(もっと近くで見てもらいたい・・・

鼻先が触れるくらい近くで千夏のいやらしいオマンコを・・・)

そう思いながら、千夏は駐輪場でも人目を気にすることなくミニを捲り、

紐パンを履き直しました。

(奥にいた中○生がびっくりした顔をして見ていました・・・。)

そしてミニの裾を広げて自転車のサドルに直に座り、

サドルの先にクリトリスをこすりつけながら、

ペダルをこぎ、途中イオンで少しブラブラして買い物を済ませ、

部屋へと向かいました。

そして・・部屋に着き、以前から受けてみたかっ

女性向け風俗の性感マッサージ

今夜予約しようと思い、机の引き出しの中から少し前に

郵便受けに入っていた出張マッサージのチラシを出しました・・・。

マッサージを受けるのは初めてだったので最初はお店に行くつもりでした。

でも、少し危険かな・・・?と思いましたが、

思い切って出張マッサージを頼むことにしたんです・・。

チラシは、(〇〇〇マッサージ・60分\・・・90分\・・・その他オイル&パウダーコース有り・女性歓迎・TEL・・・・・・)とだけ印刷されている、比較的地味なものでした。

早速電話をかけてみると、電話口には感じの良さそうなおじさんがでて、マッサージを頼みたいと言うことを伝えると料金やコースの事など一通り説明されました。

そして・・「女性のマッサージ師が伺います。」と言われたので千夏は少し躊躇して、

「・・・男性のマッサージ師さんはいないんですか?」と聞くと、

「男性のマッサージ師は2人いますけど、今日は1人休んでるので50才位の男性1人しかいません‥夜11時位になってしまいますが、よろしいですか?」と聞かれたので、

千夏は少し迷う素振りをして、一瞬、間を置き不安そうに、

「はい・・・初めてなのでよろしくお願いします‥」と言うと、

「うちのマッサージ師はみんな資格を持ってますので大丈夫ですよ」と言われ、少し安心して住所と電話番号を伝え、夜11時に90分のコースを予約して電話を切りました。

他に誰もいない千夏の部屋で、見ず知らずの50才位のおじさんと2人きり・・・

マッサージとはいえ、体を触られる・・

そして惜しげもなく千夏のエッチな体を晒してしまう・・・

考えただけで千夏のオマンコが熱くなってきました。

千夏は、何度か露出指示を出して頂いてる相手に出張マッサージを予約したことをメールで伝えました。

しばらくすると、その相手からメールが届き、確認すると次のような指示が書かれてました・・・。

①上はノーブラで薄手のシャツかキャミソール、下は透けて見えるくらいの紐パンかTバックにミニスカートを履いて受けなさい!

②マッサージ師が来る前に、パンツに500円玉位のシミが付くまでオナニーしなさい!

③マッサージが始まったら自分からは絶対に話しかけず、相手に話しかけられても・・・

・はい‥。

・お願いします。

・大丈夫です。

・気持ちいいです。

この4つ以外の言葉で答えてはいけない!

もし相手に痛いところを聞かれたら、「腰とお尻と太股の付け根、あと最近お腹と胸が張って痛い」と、必ず答えなさい!

④どんなことになっても挿入以外は全て受け止めなさい!

それと、マッサージ中メール出来るときに、最低2回は状況を報告すること!追加指示を出します。という、かなりきびしい内容の指示でした。

千夏は心の中で(④のどんなことになっても・・・ってどういうこと??ただのマッサージなのに・・・)と少しだけ不安になりましたが、気を取り直して着る服を探しました

不自然に派手で挑発的な服は変に悟られてしまうと思い、普段夏とかに部屋着で着ているキャミのワンピース(画像UPしておきました)に決めました。

外に出るときはデニムのパンツに合わせたりしてるもので普通に着ると股下7~8㎝位です。

パンツは今日1日履いていたシースルーの紐パンで上は勿論ノーブラです。

部屋のカーテンを閉めて千夏の少しエッチなTバックや紐パンをカーテン越しに何枚か干しました。

時計の針は10時を回ろうとしています・・・。

心臓の鼓動が徐々に高鳴り始めました。

千夏は気持ちを落ち着かせるため、冷蔵庫からワインを取り出し、少し大きめのマグカップに並々と注ぎ、それを一気に飲み干しました。

そして・・・キャミのワンピースに着替え、全身が映る鏡でチェックしました・・・

後ろ向きで軽く前屈みになったり、寝そべって仰向け、俯せになったりとあらゆる角度からチェックしましたが、どれもギリギリでスケスケのパンツは見えませんでした。

最後に四つん這いになりお尻を鏡に向け突き出して振り返ってみると・・・さすがにこの姿勢だけはあの部分がしっかりと見えていました・・・。

おまんこのソノ部分がシースルーの布越しに・・・見て下さいと言わんばかりに張り付いて、ぷっくりと浮き出ています。

(マッサージで四つん這いにはならないとは思いましたが・・・)

既に500円玉程のシミが付いています。

シミの部分は余計に透明がかり、凝視すると膣口までもがくっきりと見えていました。

自分で見てもエッチな気分になってきます・・・

(もしかしたら、ここも見られちゃうのかなぁ・・・千夏から見せちゃおうかな・・・。見られるだけじゃなくて触られたらどうしよう・・・)

などという妄想が頭の中を駆け巡り、無意識のうちに右手を伸ばし、指で千夏の1番感じるクリトリスをゆっくりと擦り始めていました。

四つん這いのまま、お尻を高く突き出して鏡に向け・・・マッサージ師のおじさんに凝視されてるのを想像しながら・・・

「‥おじさん・・・見てっ・・・もっと近くで・・・早くっ・・・」

などと口走りながら、更に激しく指を動かしました。

「んぁっ・・・あっ・・・イクッ・・・・・・だめっ・・・イッちゃ・・・だめっ・・・」

そう小声で叫びながら、千夏は指の動きを無理やり止め‥その瞬間膣口がヒクつき、お汁(潮?)がドクドクと溢れ出てきました。

千夏の(イク)直前のサインです。

振り返り鏡に映ったソノ部分を見ると、さっきの倍以上にシミが広がり、指先でそっと表面を触ってみるとお汁が布の外側まで浸透し、ヌルヌルしていました。

イク直前で止めてしまったのでクリトリスもかなり敏感になっていて、指先で(ツン)と触っただけで体が(ビクン)と反応してしまいます。

時間は11時になろうとしていました。

まもなくチャイムがなるはずです・・・

千夏は首筋と手首に甘い香りのする女の子らしい香水を付けて、鏡を見ると、目は潤み、顔色はワインを飲んだせいかほんのりピンク色に、髪はやや乱れ・・・完全にエッチモードに入った千夏の顔が映りました。

千夏は全身が映る鏡をベッドの枕元の横に移動して、ベッド全体が見れる角度に合わせました。

また、机の上にも角度調節のできる置き鏡を枕元からマッサージを受けている様子が横から見えるようにセットしました。

(千夏の部屋はワンルームで玄関を入ると左右にキッチンとユニットバスでその奥が畳8帖分位の広さで右側にベッド、左側に机で、その間にテーブルが置いてあります)

マッサージ中もマッサージ師さんが千夏の体のどの部分見ているか確認出来る様に準備をしました。

そして・・・

(ピンポーン♪)

ついにチャイムが鳴りました・・・

千夏は微かに震える手でインターホンの受話器を上げ「はい・・・」と言うと、

「お待たせしました!〇〇〇マッサージです」・・・

千夏はエントランスのオートロックを解除して、部屋の前に来るのをベッドの上に座って待ちました。

(ドキドキ・・・ドキドキ・・・)

久しぶりにこの部屋に男性が入ります‥

しかも彼氏ではありません‥

顔も知らないおじさんが入いるんです‥

(ピンポーン♪)

2度目のチャイム‥もう部屋の前に来てます‥

千夏は「は~い」と言いながら、スコープも確認しないでロックを開けドアノブを回しました・・・

(カチャッ・・・)

ドアを開けると・・・大きなバッグを肩にかけた、体格のいい優しそうな顔をしたおじさんが立ってました。

おじさんは千夏の格好を見て少しびっくりした様な顔をしてましたが、すぐに笑顔で挨拶してくれました。

「こんばんは、○○○マッサージです」

千夏は軽く挨拶をして中に入ってもらいました。

おじさんは「失礼します」と言って部屋に入るなり、

「可愛らしい部屋ですね、大学生ですか~?」と部屋を見回しながら馴れ馴れしく話しかけてきました。

千夏はベッドにちょこんと腰掛けて・・・

「はい・・・あの・・・今日マッサージ受けるの初めてなので、よろしくお願いします・・・」と言うと、

「あ、そうなんですか・・・?最近若い女性の方、結構増えてるんですよね~大抵は女性のマッサージ師が伺うんですが・・・お客様が男性が希望ということでしたので、私が来ることになったんですよ!」

(何か聞き覚えのある声・・・あっ!さっきの電話の人・・・??)

千夏はそう確信しましたが、敢えて聞きませんでした。

千夏が無言でいると、「ベッドだとやわらかすぎて(マッサージ)しずらいので、もしあったらお布団敷いて頂けますか?」と言われたので、

「わかりました・・・」と言い、クロゼットを開けて、普段使わない友達用の敷き布団を出し部屋の真ん中に敷きました。

(その間ずっと舐められる様ないやらしい視線を感じました)

千夏はさり気なく、ベッドの横に置いた鏡の位置をずらし、机の上の携帯を取る振りをして置き鏡の角度を変えました。


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました