【人妻体験談】隠れて母のパンチラ写真を撮る親父に触発されて寝ている母のおまんこに悪戯し動画撮影


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
俺は高校生の頃からタバコをすっていました。

両親にバレると、怒られるので、ある日、べランダでバレないようにタバコを吸っていた時でした。

父親が帰宅した物音がして少しするとリビングからカメラのフラッシュ光が。

私の部屋と繋がっているベランダ沿いにリビングを覗いてみると、

ソファーでうたた寝をしている母の足を背もたれに掛けて、母のスカートを捲りあげて父が必死にシャッターを切っている姿。

両親は40代中盤の熟年夫婦です。

そんな中年オヤジの父が、母のパンチラなどエロ写真を撮影している光景に爆笑してしまった。

オヤジも男なんだな!って感じ。

もともスナップ写真も嫌いな母を、ましてあんな格好を撮らせるはずがなく、

うたた寝を良いことに父が股をおっぴろげて丸見えの母をラジカメやスマホに撮りまくっている姿は本当に滑稽でした。

全く気が付かぬ母。

それを良いことに・・・。

黄色いパンティー(えっ?ティーバックかよ!)。

母の割れ目に食い込んでる。

もっとさらにグイグイとおまんこに食い込ませる・・・。

クロッチを脇にどかす。

母のオマンコを撮る。

そんな鬼畜な様子が目を覚まさない事を良いことに・・・。

母の割れ目を手開き。

あの口うるさい母にもオマンコがあって、あんな母を女として見てる父がいて、笑いが吹き出しそうでした。

週末に泊まりゴルフに父が出かけ、夕食を済ませて後片付けが終わると、

必ず母はテレビを見ながらうたた寝をしてしまう癖、習慣になってしまっているようだ。

ベランダでタバコを吸いながら、またテレビをつけっぱなしで、

転た寝をしてるだろうリビングを覗くと、母がソファーで横になってテレビを見ている姿が見えた。

三十分くらいしてからだろうか、飲み物をリビングに取りに行くと母のイビキが聞こえ、(また寝ちゃってるのか)

うざい婆にしか見えない母だが、父のあの興奮が伝わるような母のオマンコを見てみたくなる衝動に駆られるのは、情けなくも思春期真っ只中の性欲ですね。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました