ボクの彼女(初エッチ)


出典元:エロ体験談

ボクの彼女の話。

 ボクと彼女との出会いは、女友達の友達との初デートでフラれたことを報告しに女友達のアパートを訪ねた時に、たまたま遊びに来ていたのがきっかけだった。

 女友達:○○と初デートどうだった。
 ボク:...
 女友達:やっぱり、あの子は、片思いの先輩がいるからムリっていったっしょ。
 ボク:はぁ?
 彼女:あの子は、ず?っと片思いだもんね!

 みたいな会話が続いた後。

 女友達:何なら、この子と付き合ってみる。
 彼女:○○にフラれた子を、こっちに回すか?

 と、言いたい放題言われたが、フラれたこのとショックで言い返すこともできず、週末に遊ぶ約束をして帰った。

 週末に彼女のアパートに遊びに行くと、相変わらずの口調でいたぶられたが、言いたいことを気兼ねすることなく言い合えたので結構すっきりした気分だった。
 二人っきりだったことも手伝って、エロ系の話題になってきて

 ボク:結構遊んでるの?
 彼女:さぁ?。人数覚えてないしぃ?。
 ボク:外人との経験もあるの?
 彼女:黒人ともあるで!結構、きつかったけどな!
 ボク:ア○ルもあるの?
 彼女:最初は痛かったけど。今なら結構いけるで!
 ボク:やらして!!
 彼女:イカせる自身があるんだったら、いつでも相手になるで!一人や二人増えたところでどってことないし。

 あまりの自身にひるんだ。その日は、悶々としたまま帰って、女友達に色々と聞いてみた。

 ボク:彼女、結構遊んでるの?
 女友達:うわさでは、結構遊んでるらしいよ。あの子の友達も遊び人ばっかりだし。
 ボク:自分も?
 女友達:私は、幼なじみで、そっち系の付き合いないし。
 ボク:もしかして、処女?
 女友達:...

 いっそう悶々とした気分となり、翌日、根性決めて、彼女のアパートへ遊びに行った。

 ボク:まいど、イカせる自身はないけど、抜いてもらいにきたで!
 彼女:ボケ!!

 その後、他愛もない会話をした後、バイトの時間になったので帰ろうとすると

 彼女が、「鍵、大切に保管しといたるわ!」と、言ってGパンの中にしまい込んだ。
 こんな誘い方もあるんだと思いながら、彼女のGパンに手を突っ込んで鍵を取り出そうとすると

 彼女:いたぁ?い。もっとやさしくせな嫌われんで!
 Gパンをめくると、女のにおいがした。その瞬間何かが弾けた。彼女のパンツを脱がそうとすると毛が透けて見えるほどパンツが濡れていた。

 ボク:経験豊富な○○は、濡れ方もハンパないな!
 彼女:あんた以外なら、もっと濡れんねんけどな!
 その言葉を聞いてムッとなり、彼女のパンツを剥ぎ取った。
 そのまま、マングリ返しにし足を大きく広げて、彼女のあそこをまじまじと見つめた。

 ボク:経験豊富な割には、結構綺麗やな!
 彼女:あんまり見んとって、じっくり見られたら照れるやんか!
 ボク:それじゃ、入れよか。
 彼女:ガ、ガンバってや!

 彼女の足を下ろして、自分もパンツを脱いでいると、突然、顔を隠して彼女が泣き出した。
 何事が起きたかわからずに、彼女の手をどけて話をしようとすると

 彼女:じ、実は、初めてなの!
 ボク:はぁ?
 彼女:友達が、結構遊んでいるので話を合わせてただけで、本当は経験がなくて!
 ボク:やっていいの?
 彼女:ちゃんと、してくれるなら。
 突然の話で驚きを隠せなかったが、とりあえず、ベットに移動して二人そろって裸になった。

 ボク:もしかして、キスの経験もないの?
 彼女:付き合ったこともないの!
 今までの生意気な態度とのギャップもあり、キスもせず挿入してしまおうかと誘惑にかられたが、さすがに初体験は大事にしてあげたいと思い、彼女にキスをした。
 疑心暗鬼になりながらも入れる前に、もう一度見ておこうと思い、また、マングリ返しにすると愛液がおしりから垂れた。彼女のあそこは経験豊富とは思えない綺麗さだった。

 ペニスを彼女のあそこにあてると
 彼女:やさしく、してね!
 そっと、挿入すると、「うぐ」、「いたい」、「うぅ?」と、30分前の彼女からは想像できない反応が返ってきた。

 ことを終えて、ティッシュで拭いてあげるとティッシュが赤く染まっていた。ベットの染みも赤かった。

 ボク:本当に、はじめてだったの?
 彼女:...

 顔を隠して泣き出した彼女に、どうしてよいかわからずとりあえず抱きしめた。

 ここまでは、彼女の出会いから初エッチまでの話である。

タイトルとURLをコピーしました