ラブホテルで全身ローション塗れにされた私の肉体は敏感になり…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
先月の27日、海に行く予定が私の寝坊でダメになり、

ラブホデートに変更になりました。

2人で行った事のないラブホを開拓。

外装はかわいいのに、中は狭くて・・・。

でも、浴室は広くて、しかもラブマット有り!

ローションも一回分の分包ではなく、ボトルサービスでした。


官能小説ランキング


まずは浴槽にお湯を溜めながらベッドでイチャイチャ。

ブラのホックを外され、タンクトップの脇から抜かれました。

レースのスケスケタンクトップの下に着ていた、

チューブトップを下にずらして、

レースの上から乳首を舐められました。

私はうつ伏せになり、

わざと谷間を見せながら触らせないような体勢に!

彼は私の上にのしかかり、

脇の下から手を私の体の下へ滑らせます。


そしてカチコチの乳首を見つけると、

摘んでコリコリし始めました。

この時点で、おまんこはきゅ~んといてました。

脱ぎたいと彼に言うと、

彼はパンツの両サイドの紐を解き、するりと抜きました。

すでに私のパンツにはえっちなお汁がたくさん付いていました。

「あんなちゃん、もう大変な事になってるよ!」

そう言うと彼は私を立たせて足を開き、

自分を跨がせる格好をさせると、おまんこに吸い付いてきました。

チュパチュパ赤ちゃんがおっぱいを吸うみたいに。

手で広げられ、露わになったクリを指で擦り、

硬く尖らせた舌先はビラビラを舐めあげます。

キューンと痺れが私を襲います。

イク少し前で止められちゃいました。

そして2人、全裸になってバスルームへ!!

ラブマットを敷き、私はうつ伏せになりました。

彼は背中にローションを垂らします。

えっちモード全開の火照った体に、冷たいローションが・・・。

彼は両手で体中に伸ばし、

お尻の割れ目からおまんこへ手を滑らせます。

既にくちゅくちゅのおまんこをさすりながら、

「ローションなのか、あんなちゃんのお汁なのか分かんないね!?」

と更に擦り上げます。

仰向けにされ、おっぱいをマッサージ。

私は彼に膝枕をしてもらって、おちんちんを銜えました。

ぱっくり銜えたおちんちんを、

舌先でチロチロしてみたり、

チュパチュパ吸い付いてみたり・・・。

フェラをされながらも、彼は私のおまんこと乳首を悪戯します。

時々銜えていられなくなり、喘ぎ声がバスルームに響きました。

彼が「今入れたい」と言うので、

「3回(ピストン)ならイイよ」と言うと・・・。

「10回!」

私「じゃあ5回!」と言う事で、

生入れピストン5回に決まりました。

そして正常位で挿入。

でも、入れたらこっちのモン!と言わんばかりに

、彼は「いぃ~ち、にぃ~~~い、さぁ~~~~~ん」

と、激しく腰を振りながら、数を数えます。


えっちなドラえもん


やっぱり、私だって生の方が気持ちイイし、

「あぁ~ん、回数じゃないの?」

なんて言いながら彼の腰に腕を回しちゃいました。

インチキ5秒の後、

彼は残念そうにおちんちんを抜くと、

素股を始めました。

私も足を交差させ、太股を締めました。

ローションとえっち汁でヌルヌルおまたで、

彼は私のお腹の上にイッてしまいました。

彼の分身をシャワーで流し、

また私にローションを塗ると、

太股から優しく愛撫し、

両手で私の真ん中を刺激してくれました。

「あんなちゃんのココ、ぷっくりしちゃってる」

と言いながら、クリを摘みコリコリされました。

私は叫ぶような喘ぎ声を出し、

彼は満足そうに

「あんなちゃん、すごいね!そんなに感じてるんだ?」

と言って、クリをいじりながら、

指を出し入れしました。

中をかき回され、全身が痺れて、

頭ん中真っ白になって発狂していました。

我慢できなくなり、彼の腕を掴み、

足を閉じてそのままイッちゃいました。

私がイクと、彼は私の体を丁寧に洗ってくれました。

バスルームから出て、コーヒータイム。

私がまったり、コーヒーを飲んでいると、

彼はとっととベッドにもぐり込み、

「あんなちゃ~ん!」と言って手招き。

私もベッドに入ると、早速濡れ度チェック!

外は濡れてないけど、

中はぐちょぐちょ状態で、

少し触っただけですぐにさっきの状態になりました。

彼は仰向けになり、おちんちんの根本を持って、

私に跨るように促しました。

騎乗位で挿入。

私は深く挿入したまま、腰を前後左右に揺らしました。

彼は更に下から突き上げます。

私は膝を付き、彼の突き上げと逆になるように上下に動きました。

彼は揺れるおっぱいを鷲掴みにして押さえると、

人差し指で乳首の先端をくるくる回し始め、

上も下も気持ち良くて私は動けなくなってしまいました。

彼は上体を起こすと、

私を倒し抜かずに正常位へ持ち込みました。

そして突きまくり。

私の足首を持ち上げ、

結合部をじっくり見ながら突いてきました。

「俺、あんなちゃんに食われちゃってるよ・・・」と言いながら。

私は自分で膝の後ろを持ち、

彼にクリを触るように促しました。

突かれながらクリをいじられると、

私はあっと言う間にイッてしまいました。

私がイッたのを確認すると、

彼は私の頭を抱え込むようにして、

更に激しく腰を振りイキました。

その後、またバスルームに行って、

ローションプレイを楽しみました。

彼はローションのボトルサービスがすっかり気に入ったらしく、

「またここに来ようね!!」だって。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました