女だらけの水着大会…いつのまにか友人の彼氏たちが私の肉体を…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
夏の夜の事でした。

一人暮らしのミドリの部屋で、

女の子6人だけで、

水着で飲み会をしていました。

女の子だけという事で、

みんなエッチな水着を着てました。

官能小説ランキング


私も一応、三角ビキニで、6人の中では、

1番おっぱいが大きいのに、

わざと小さめの水着にしたりしました。

「ユイのおっぱい、はみ出そう(笑)」

とか言われながら、みんなで楽しく飲んで、

いつの間にか、みんなで寝てしまいました。

朝になってボソボソ聞こえる声で起きてみると、

女の子達がいなくなって、

ミドリとミドリの彼氏と男の子4人がいました。

私はベッドで、手をバンザイの格好で縛られ、

足をM字のに縛られていました。

水着は着たままでしたけど、

足を広げた状態で、

顔が赤くなるのがわかりました。

「ちょっと!ミドリ!これを解いてよ!」

「みんなが、ユイの身体で、遊びたいんだって。いいよね?」

そう言って、ミドリが私の水着を脱がせました。

「やだ!やめて!」

身動きを取ろうとしても動けず、

すぐに裸にさせられました。

アソコも、アナルまでも、全部見える状態で、

男の子達はニヤニヤと私を舐めるように見ています。

そして、全員で私の身体に触り始めました。

全身を撫でまわして、乳首をペロペロと舐め回し、

私はアソコがヒクヒクして、触れてもらいたいのに、

そこだけは誰も触ってくれません。

えっちなドラえもん


でも、ソコ以外を丹念に舐め回されて、

どんどん濡れて、どんどん感じてしましました。

「あん・・・やめ・・・」

「触って欲しいところがあるんじゃないの?」

ミドリが聞いてくるのを、黙って首を振りました。

「こんなになってるのに?」

男の子の一人が私のアソコを舌で、舐め始めました。

「・・・や・・・あっ・・あっ・・・あああ・・・ん・・・」

私は、やっと触れてもらえたのと、

気持ちよさで、すぐに昇り詰めてしまいました。

でも、イク寸前に男の舌が離れ、

アソコは更にヒクヒクしてしまいました。

「あ・・・んん・・」

私は、“どうして、やめるの?”

という顔をしてしまいました。

でも、言えません。

身体中が、もどかしい感じです。

「強情ね~。

別にいいけどっ。

ヒクヒクしてれば(笑)」

そう言って、ミドリは彼氏とエッチを始めました。

「あん・・・い・・・イク・・・イッちゃう・・・あああん・・・」

ミドリの声を聞きながら、

さらに身体中が敏感になっていく気がしました。

それでも、男の子達はアナルまで舐めるのに、

アソコには触れてくれません。

たまに触れて、イきそうになると、

またやめるのです。

「あ・・・あ・・・」

もう、イキたくて、意識が朦朧としてきた私は・・・

「お願い・・・イかせて・・・」

そう言うと「どこをどうして欲しいの?」

と、意地悪な質問をしてきます。

「あ・・・アソコを・・・」

「アソコじゃわかんないな~」

「・・・ユイのオマンコにおチンチンを入れて・・・」

そう言うと、一人が私の口に、

一人がアソコに入れて激しく動き、

後は一人が乳首を舐め回し、

一人がクリを舐めながら、

アナルを指で刺激して、

私は、あっという間にイってしまいました。

その後は、代わる代わる、

何度もイかされました。

いつの間にか、失神していました。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました