【人妻体験談】夜勤で働く旦那の留守中に、パート主婦に自宅に誘われ浮気セックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
ある繁忙期に、直属の上司に「みんな休日も来てるぞ。忙しい時期なんだからお前も休日出勤しろ!」と言われた。

それを聞いてたパートの主婦が「あたしも出勤しましょうか?」と言うので断ったけど、

この人妻のパートさんが「行きます!」と言うので仕方なく休日出勤。

いざ休日出勤してみると、人妻とふたりっきり。

やることなんてたいしてないのでだべってたらだんだんエッチ系の会話になってきた。

「男の人って一度大きくしちゃうと収まりつかないですよね。」

「はは、そうそう。こういう会話の時とかヤバいよね。」

「抜いてあげましょうか?」

「え?いい?」

「いつもお世話になってるので、たまにはね~」とか言いながらチンコを触ってきた。

そのあと性器を触りっこ。

「うわ、たくさん出た!大漁大漁」人妻なのでそれ以上は行かなかったけど、よかったです。

彼女とはそれからもメールはよくしていて、1度だけでしたが2人で遊びに行ったこともあった。

彼女を含めた前の職場の中のいい人たちと2ヶ月にいっぺんくらい飲みに行ったり。

この間、そんな飲み会があった日。

いつもは彼女とは違う駅なのだが、その日は飲んだ場所がいつもと違ったので、駅まで二人きりで帰ることになった。

仕事での愚痴もたまってることはメールでも聞いていたので、

「お茶でも飲みながら聞こうか?」と誘ったが、この辺の喫茶店はどこも閉店まで1時間もない感じ。

あきらめて今日は帰ろうかと思っていると、彼女が「遠くてもよければ、うちの近所に遅くまでやってる店があるんだけど」と言ってきた。

彼女の家は、うちとは方向が全然違うが、都心からそんなに遠くないので、行くことにした。

仕事の話をちょっとしながら、その駅で降りて、その店に。

しかし、すでに閉店している。

「むかしはもっと遅くまでやってたんですけどね」時間はもう11時を過ぎていたので、自分も終電が気になっていた。

しかし、まだその時間は先だ。

「ごめんなさい、もう電車ないですよね。うちでよければ、寄ってきますか?」これには驚いた。

「でも、旦那さんに悪いから。」

「大丈夫ですよ。今日、夫はシフトが夜勤だから。」へ?それ、大丈夫じゃないじゃん。

でも、だいたい彼女の意図してるところは読めたので、「じゃあ、いいかな?」と答えた。

「言っておきますけど狭いですよー。」だいたい、この人妻は、俺の終電がまだあることは知ってると思うし、店の閉まる時間だって知ってたと思う。

彼女のマンションに入る俺。

まるで間男になった気分。

亭主と暮らす夫婦の家に突入。

部屋の中は、キッチンとリビングと寝室。

彼女はコートをかけると、寝室から布団を一組持ってきて、「ここで寝てください」と言う。

あれ、期待はずれか。

彼女のマンションに入る。

部屋はキッチンとリビングと寝室。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました