【人妻体験談】ポルノ映画を見てオナニーしていたら、入ってきた熟女に見られ三流ポルノ映画のように中出しセックスをし童貞卒業


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
まるで、三流ポルノ映画のような初体験を経験しました。

それは大学入学してまもない頃。

小学校から高校時代は女性に縁がなく彼女いない歴は人生。。

もちろん童貞。

オナニーは毎日。

一日につき3回はかかせません。

オナヌーのネタは大概『お尻の大きな豊満熟女』です。

しかもそんな熟女のフェラ顔が1番の抜きどころでした。

豊満熟女のフェラチオだけで何度もイカされるこれが僕の夢でしたが、それは現実の物となりました。

僕はいつものエロDVDに飽きて、たまには刺激が欲しいなと思って郊外にあるポルノ映画館に行ってみる事にしました。

初めての経験で非常に緊張しましたが、館内に入ると既に上映していました。

ちょうど僕好みの熟女モノで、しかもフェラチオシーンという事もあって、僕はすぐにスクリーンに目が釘付けになってしまいました。

ふと客席に目をやると誰もいない様子。

確かにここの映画館は、絶えず廃館の噂があったので、人気が全く無いのは分かっていましたが、

日曜日の昼間に誰もいないとは、僕は少し安心してスクリーンを見続けていました。

当然すぐに勃起してきました。

我慢できず、僕が立っている最後尾の立見席の端で僕は股間に手をやり、その場でオナニーを始めました。

チャックを下ろしてズボンとパンツを膝まで下げ、立ってままゆっくりと勃起した肉棒をシゴいていきました。

そして事件は起こりました。

僕の立っている反対側の館内入口ドアが突然ゆっくりと開いたのです。

僕は驚いてシゴく手を止めましたがズボンを履く余裕はありませんでした。

1番驚いたのは、館内に入ってきたのが女性だったという事です。

逆光もあり、どんな容姿なのかは全く分かりませんでしたが、女性だという事だけは分かりました。

その女性は館内に入るとそのまま立見席でスクリーンを眺めているようです。

反対側にいる僕には気が付いてない様子です。

僕はその女性の容姿が分かるまで、じっと女性を見つめていました。

少しずつ目が慣れ、女性の容姿が分かってきました。

僕は思わず勃起した肉棒がさらに2倍にも増して大きく固くなった気がしました。

なぜなら、その女性は、あまりにもお尻と胸が大きな熟女だったからです。

髪の毛は肩より少し長めでした。

そしてタイトスカートを穿いていたのです。

僕が1番好きなタイトスカートその女性のヒップはあまりにも大きかったのです。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました