家庭訪問1


出典元:エッチな萌える体験談

私が小学6年の頃の話。いや、この話をさかのぼればもっと前から始まる。なにせ、小さい頃からお父さんに性的ないたずらをされていたのだから。寝る前に体をベロベロに舐めまわされたり、あそこに指入れられたり。ただ、それが悪いことだとは思ってなかった。お母さんも知ってたし、気持ちは悪かったけど、スキンシップの一環かと思ってた。友達のお父さんにはこんなことやる人いないって話は聞いたけど、別に変だよとも言われなかったので。ただ、その当時は友達全員に性に関する知識はなくて、変には思わなかったのかもしれない。性教育の授業を受けて、変だと思った。だから授業が終わったら先生に相談した。新任の若い女の先生で、肌の色は黒く健康的で、浅尾美和のようなタイプだった。その先生が私がお父さんにされてることを聞いて、「お母さんは?」とか色々聞いて、「じゃぁ一回家庭訪問しましょう。お父さんとお母さん2人がいる日を教えて」といわれ、土曜日か日曜日ですと答えると、土曜日にうちに来てくれることに。
土曜は当然学校も無く、先生も本来休みのはずじゃなかったかなぁと思った。よく分からない。とりあえず土曜日のお昼2時ぐらいに先生が家にきた。
「ようこそ浅尾先生(ここでは浅尾先生と呼びます。もちろん仮名)」
「本日はAさんのお宅の家庭環境をお聞きしたくてお邪魔させていただきました」
「どうぞおあがりください」
そういって先生は家に上がりこんだ。夏の日で、先生はいつものジャージ姿ではなく、ブルーのミニスカートに白のキャミソールといった格好だった。色合い的にはミニスカポリスをイメージすると分かりやすい。とにかく色っぽい格好をしていた。そして家の椅子に腰掛け、テーブル越しに先生と両親が向かいあう形になった。
お母さんは先生にお茶を出す為、一旦立ち上がると、先生はお父さんを睨みつけ、
「先日クラスで性教育の話をしまして…」
と話を始めた。お母さんが先生にお茶を出すと、一旦話を止めて、一口飲んで、また話を続けた。
「この話は本当なんですか?」
「…そうですね、うちは難しい環境にありましてですね…」
そう言って父親はお茶を口にした。先生も続けてお茶を口にした。喋り続けて喉が渇いたのかもしれない。一気に全部ゴクリと飲み干していた。父はそれを見ると、
「喉が渇いてらっしゃったんですね」
「ええ、本日も暑い日ですから」
「そうでしょう。そのお茶には体を熱くさせる成分が入ってるんですよ」
「…え?」
「先生がクラス全体で家庭訪問を行ってないのにうちだけ行うというのは何かあると思いましてね。ちょっとお薬を使わせてもらいました。」
「お薬ですか?」
「少し力が抜けてきたでしょう?私もこういったものを扱う連中と取引がありましてね。娘にも幼い頃から飲ませているんですが、体に耐性が出来てしまったんでしょう。全く効き目がありませんで。」
「あなたは娘さんを何と!」
「無理して叫ばないほうが良いでしょう。今はむしろ自分の身を案じたほうがいい。」
「…えっ?」
先生は立ち上がった。立ち上がったが、カクーンと膝が折れ、倒れこんでしまった。
「あなた、カメラの用意ができました」
「…?」
「なぁに、私の本業はこういうビデオ撮影でしてね。今までも娘相手のビデオを何本か流通させて、それで生活してきたんですよ。」
「…!」
「先生も、ビデオをとられたら、このことはおおやけにできないでしょう?とりあえず、おおやけに出来ないように、まずは先生のおっぱいから映しましょうか」
そういうと、お父さんはぐったりしている先生を起こし、キャミソールをたくし上げた。そしてブラのホックをはずした。プルンと音を立て、先生の乳房があらわになった。


続きは誰かお願いします

タイトルとURLをコピーしました