【人妻体験談】未亡人のお婆さんと無理やりセックス初体験


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
ある日の夕方、仕事から帰ってくると向かいのお婆さんが家の前の花に、やかんで水をやっていました。

年齢はオーバー70歳!

旦那さんは8年くらい前に亡くなり未亡人。

息子さんは県外、つまり一人暮らしです。

ヨレヨレの婆シャツから、胸元が少し見えております。

普段なら、老婆の胸チラなんか全然気にならないのですが、当時の僕には70歳の老女が「女」にしか見えませんでした。

声をかけます。

「こんばんはぁ」

「おかえり。今、帰って来たん?」こんな会話から、15分くらい立ち話。

小さい頃から知っているお婆さんなので、普段挨拶程度しかしない僕に、違和感があったと思いますが。

そんな中、僕の中で「この婆さんで、なんとかならないか?」という感情が芽生えました。

僕が帰る時間帯に、よく外でいるので、それから何回も立ち話をするようになりました。

お婆さんの気は知りませんが、こっちは下心ありありです。

そんな会話が10回目以上も続き、向こうも僕に気をゆるすようになったのか、僕の顔を見ると、ニッコリと微笑んで寄ってくるようになりました。

計算通りです。

お婆さん一人暮らしなので、いろいろ不便なこともあるようで、「電球が切れてる』」

とか「物干しの紐を長くして欲しい」とか、頼りのない婆さんは遠回しに僕に言うようになり、気がつけば晩御飯までご馳走される仲にまでなっていました。

「おばさんみたいな彼女がいいわ。」

とか「おばさん、キレいなのに彼氏でも作れば?」とこんな話までするようにもちろん、本心であるはずもなく。

後はタイミングだけその日もいろいろ話をしてるうちに、晩御飯をご馳走になることに。

食べ終わると、テレビを見ながら雑談してました。

いよいよ、行動にうつします。

横に座っている70歳過ぎのお婆さん。

両手をくんで膝に置いています。

僕は、それをはがすように右手を取り、両手で包むようにして、僕の膝の上に置きました。

大事そうに両手で触ってあげます。

婆さんは何も言いませんが、緊張は伝わって来ます。

指の間に指を入れ、触っていました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました