叔父に作られた


出典元:エッチなゲイ体験談

叔父に作られた

 

 

両親が共働きをするために、

昼間は母の実家に預けられていた。

俺には12歳年上のイケメンの叔父(兄ちゃん)がいる。

子供好きで、

俺の世話を色々みてくれた。

兄ちゃんの言うには、

俺のオムツ交換もしてくれたらしい。

若いので「兄ちゃん」と呼べと育てられた。

母の仕事が遅くなる日は、

夕食後に兄ちゃんのベッドで兄ちゃんと寝ていた。

俺の保育園には、

兄ちゃんが中学校の帰りに制服で迎えに来てくれた。

帰宅後に、

兄ちゃんと風呂に入っていた。

兄ちゃんは、

俺の前で少し毛の生えた大きく太いチ○ポを硬くして皮を剥いて

「カッコいいだろ!大人のチ○ポだぞ!」と

見せつけていた(笑)

兄ちゃんは、

俺の体を洗ってくれた。

早く大人チ○ポに成るようにと、

皮を少しずつ剥いてくれた。

そのお蔭で、

俺のチ○ポは、

小学校2年生の時には、

手で剥けば兄ちゃんと同じように剥けるようになっていた。

俺が5年生の時、

大人チ○ポは、

皮を剥いたり戻したりを何度も繰り返すと精子が出ると、

俺に風呂でセンズリを見せてくれたwww.

イケメンの兄ちゃんが、

センズリをしている姿に大人が見えてカッコいいと感じたwww.

俺も風呂で兄ちゃんの前で、

兄ちゃんと同じようにセンズリをしてみたら、

メチャ気持ち良く、

射精した。

兄ちゃんが「大人になったな」と喜んでくれたので、

兄ちゃんと風呂に入る度にセンズリをしていた。

兄ちゃんのベッドの上でも、

2人で並んでセンズリした。

兄ちゃんの提案で、

お互いのチ○ポを握ってやり合ったこともあった。

すると、兄ちゃんが、

もっと気持ち良いセンズリの仕方と言って、

俺のチ○ポを口で咥えて、

ピストンしてくれた。

手で扱く以上の快感で射精した。

兄ちゃんは、


俺の精子全部食べてしまった。

俺もお返しに兄ちゃんの太いチ○ポを口で咥えてピストンした。

口内に発射された精子を味合ったら、

変な味だったが、

大人の味と思って、

全部食べてしまった。

中学校に入っても、

時々兄ちゃんとセンズリし会うために、

母の実家に行って、

兄ちゃんと口でセンズリし合った。

ある日、

兄ちゃんがもっと気持ち良いセンズリの仕方を教えてくれた。

指にローションを着け、

ケツ穴に差込み、

チ○ポを咥える方法だった。

今までのセンズリ以上に快感で興奮し、

失神しそうだった。

また次の機会にお返しをしようとしたら、

兄ちゃんは、

指ではなく、

俺の勃起の皮を剥いて、

ローションを着けてケツに挿入してほしいと言った。

挿入すると初めての快感。

挿入して兄ちゃんの竿を扱く。

兄ちゃんはケツを絞めて、

俺も快感に….

10数回のピストンで俺は発射してしまった。

兄ちゃんも竿を手で扱いたので、

20数回扱いたら射精した。

それから会う度に、

兄ちゃんのケツに挿入して遊んだ。

俺が高校1年生、

兄ちゃんが27歳の時、

兄ちゃんから2人が同性愛(ゲイ)関係にあることを教えられた(驚)

俺は、現在大学2年生、

兄ちゃんは32歳独身、

今でもゲイ関係が続いている。

俺のチ○ポも兄ちゃんと同じくらい大きく太くなって、

セックスが快感になったらしい。

兄ちゃんは、

トコロテン射精後に潮吹きすることもある。

俺は、叔父(兄ちゃん)にゲイに作り上げられ、

仲の良い叔父・甥のゲイカップルとして楽しんでいる。

終わり



タイトルとURLをコピーしました