時間の無駄


出典元:私たちのエッチな体験談
では時間の無駄を一作
昨日、学生5人(男4人に女一人)女は背が高くなかなかのスタイル
女はすでに泥酔、言ってることも意味解らん
4人の男が誰が持ち帰ろうかと駆け引き
道路で、あーでもないこーでもないと言い合い
女は電柱にもたれかかって、今にもその場で眠りそう
それを横目に車を出しその横を通ろうとしたら
バカ学生が車にぶつかってきて、キズが・・
その場で降り「ぼけ!なにさらすんや」
他の男は2人はさっさとどっかに行った。
ぶつかってきた男も「すみませんすみません」
「もうええわ、どっか行け」というと女をほってさっさと
どっかに行ってしまった。

女のところへ行き、「もうみんなほって行ったよ」
半分寝た状態で「えっ?!」ふらふらしながら
「大丈夫、送ってあげるよ、とりあえず乗り」
強引に乗せると
助手席で早くも眠り始めた。
城山の駐車場に止め、ブラウスのボタンとブラのホックを外すと
張りのいい胸が飛び出してきた。
太ももを撫でながら奥に滑り込ませ
パンストの中に手を入れズリ下ろす
黒いレースの下着が現れ、膝まで下ろして
マムコを撫で回しながら、胸をしゃぶると
声を上げ感じ始めた。
茂みを掻き分けマムコに指を入れると、すでにビチョビチョ
硬く立った乳首を噛みながら舌で転がすと異常に溢れ出るマン汁

我慢できずに助手席に移り、太股の間に入り
足を肩まで上げ、ゆっくり挿入するとマムコの絞まりの抵抗感と
マン汁で滑りやすく入り込みチムポ
グッと押し込むと「うっ!」と言うと荒い息とともに抱きしめてくる女
意識は、誰に抱かれているつもりなのか、お構いなく
ピストン運動一気に土手フィニッシュ
茂みに白いザー汁、そのまま下着を上げパンストを戻し
服を着せ、運転席に戻ってから女を起し、男がぶつかってきたことを説明後
女を送って帰った。
タイトルとURLをコピーしました