【人妻体験談】幼稚園の保母さんでノーブラ勤務をしている巨乳の嫁がお酒を飲まされ、先生たちに中出しレイプされてしまった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
幼稚園の保母さんをしている嫁がノーブラ勤務で犯された。

アラフォー、四十路前の39歳になる妻。

B98のHカップの巨爆乳の嫁が、幼稚園に行く時もノーブラでTシャツの上にエプロンを付けて乳首が目立たないようにして勤務するようになりました。

私たちには、子供が二人います。

ですが、下の子を出産したのを期にブラジャーを付けなくなってしまいました。

園長先生も60歳位の女性の方で同僚の先生も二人とも45歳と22歳の女性です。

園児達も全部で40人位と少なめで、送迎もお母さんが多くあまり男性と関わる事の少ない職場なので僕も妻のノーブラについては、放置していました。

妻いわくブラジャーの肩紐で1日子供の相手をして走りまわると肩から血が滲んでひどく痛いそうです。

実際何年か前に見た時も真っ赤になりとてもかわいそうな状況でした。

運動会の時とか父兄参観日には、イヤイヤながらブラを着け出勤していましたが、今年の夏に事がおきてしまいました。

夏休みの間にお泊り会と言うのがあり子供達と先生そして4,5人の保護者が一泊で山間の宿に行き花火をしたり

夕飯を作ってワイワイ騒ぎながら一泊し次の日の昼ごろ帰宅する企画で毎年やっていましたが、

今年の保護者は、4人とも30歳前後の男性ばかりで、朝の集合の時に園長先生もビックリしていました。

この日は、僕の方が出社が遅くなり戸締りをしていて驚いた。

妻の1枚しかない巨大なブラが家に放置してあるのだ。

やっちまった~普段の癖で今日は、着けて行かなかったんだ~と心の中で叫んだ。

しかし例年とおりお母さん方しかいないからいいやと思い出社したのだった。

しかし実際は、ノーブラで行った妻知ってか知らずか、バスで現地に向かった。

ここからは、妻から聞いた話だ。

現地に到着して妻もブラを着けないで来た事に気付いたが、きにしないでいたようだった。

到着後まもなくお遊戯が始まり園児達と輪になって踊りだした妻は、

いつも以上に子供達の元気が良く必要以上に踊らされおっきな胸がブルンブルン揺れて男性保護者も否応なしにノーブラである事に気付いたようだった。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました