「私・・・犯されてる・・・」  酔いと快楽とごっちゃになったまま、私は叫び声をあげ続け


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子

私は毎朝、電車通勤をしています。
 同じ時刻の同じ車両、同じ席に座る様になり、自然とその隣に座っている方と話をするようになりました。
 その人はちょうど父と同じくらいの、白髪交じりの上品な感じのする男性でした。私、ファザコンというわけではないのですが、結構年上のおじさんが好きなので、毎朝お会いするのが楽しみにもなっていました。

 ある日、その人から食事に誘われたのです。「どうしようか・・・」と迷ったのですが、結局は誘いに応じることにしました。
 食事をしながらおしゃべりをして、楽しい時間を過ごしました。それからお酒もちょっと・・・本当は弱いはずなのに、つい雰囲気に流されて、結構飲んでしまったんです。

官能小説ランキング

 お店を出て、2人でタクシーに乗り込んで・・・それからよく覚えていません。
 次に気がついた時、私はベットに寝かされていました。
 天井が一面の鏡張りで、そこに私の姿が映っていました。ブラウスははだけられ、ブラジャーもたくし上げられ、乳房がむき出しになっています。明らかにその辺りを舐めまわされた感覚も残っていました。
 スカートはウエストの辺りまで捲り上げられ、パンティは足首にひっかかっていました。そして、その股間に男の頭があるのです・・・・。

 一瞬、自分の身に何が起きているのか分かりませんでした。それでも、なんとかしようと体を動かそうとした時・・・・なんともいえない快楽が私を襲ってきました。抵抗するつもりが、あそこを這う舌の動きを追い求めはじめました。
 体の奥から蜜が溢れてくるのがわかりました。
 それを音を立てて吸われ、私は夢中になって恥ずかしいところを押し付けながら喘ぎ、もだえていました。

 やがて男が全裸で重なってきました。
「かわいいよ、かわいいよ」と言いながら、激しく突いてきます。
 私はボーっと天井を見ていました。男が自分の腰を私に打ち付けています。褐色のその体の脇から、私の白い足が伸びています。それはものすごくイヤらしい光景でした。
「私・・・犯されてる・・・」
 酔いと快楽とごっちゃになったまま、私は叫び声をあげ続け、初めての絶頂感を知りました。

 今でも、そのおじさんとは隣どおしの席に座って通勤しています。そして月に1〜2回の「お食事会」を楽しみにしています。


えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました