とあるお店での話し


出典元:エロ体験談

とあるお店での話し。久しぶりに妻と行って来ました。

行った時は、油出まくり感漂うオヤジカップルだけだったので、後の来場者に期待して、さり気なくもしつこいオヤジカップルのアプローチを回避しつつ時間潰ししてました。

15時頃1組入ってきて、すぐもう1組来たので、そろそろかなと館内徘徊を始めると。
1組目がシャワーから出てきたとこで、軽く会釈して前を通ろうとしたら、バスタオルをズラして乳首サービス&ウインク攻撃を受けた。

可愛らしい感じの女性で、今日のこのカップルとかななんて思い。大部屋に向かうとオヤジ達が互いを慰めあっていました。
反対側の壁に寄りかかってさっきのカップルを待つ事にしました。
二択の様な環境だったので案の定、自分達のところに二人はやってきて。
少々の小声の会話の後、ポジションチェンジして、今日のパートナーを高めあってましたが、オヤジ達の視線が気になったので「ベットの部屋に行きません?」と場所を変えて、その後楽しんでいました。
お互い一戦を終え、交代でシャワーを浴びる事になったので、自分と彼女が先に行具時に、ふと気になったのでオヤジ達を観察すると、もう1組のカップルにアプローチをかけているところで、男性のモノをオヤジの連れが咥えてて、あからさまでは無いが、嫌がる素振りを見せる女性にオヤジがタッチを繰り出してるところでした。

ルールはある様で、無い様なとこだし、心で頑張れよ!とエールを送り自分達はシャワーを浴びてベットに戻ると、横になった二人が楽しそうに話をしてました。
とっさに手を引きましたが、妻の手は動いていた。このまま2回戦てことかな。と、2人を送り出し自分は少し休むつもりでしたが、奥さんの「もう一回」と始めたフェラを堪能する事になりました。
2人が戻って来たので、シャワー随分早いなと思って、隣のベットを見るとオヤジに連れられた、もう1組の女性でした。
マジか!と思いましたが、不慣れ感たっぷりの女性はオヤジの攻撃に「えっ」「困ります」「お話しするだけって」みたいな困惑した感じたっぷりで、自分達にも気を使ってるのが分かりました。
休まず繰り出すオヤジの攻撃、「ちょっと」「話しが違う」抵抗する女性。出るに出れず、この落ち着かない空間をやり過ごすために、奥さんに集中しました。
ほぼ裸なので、オヤジの攻撃に屈するのは、そう時間が掛からず、クリに張り付いたオヤジのピチャピチャ音が、室内にやたら響いていました。指をくわえ声を我慢する女性、嫌でも感じてしまう女のサガ。
時々、反り返りしつこく攻撃を続けるオヤジの頭を抑えて耐えていました。オヤジがゴムを開ける音には、今までで一番の拒否反応を見せました。が、これも陥落。うつ伏せで貫かれて、しかもイカされてしまった。

挿入を拒む様に閉じ気味だった太ももも、観念したのか、オヤジの誘導する様に開き、上げられ、深く深く貫かれて、我慢してた声も明らかに歓喜と取れる声に変わった。質の悪いポルノ映画を見させられてる感じだったが、挿入時に濡れまくってるんだと、思えるウエットな音。屈したとはいえ、我慢の中、発せられる甲高い喘ぎ声。自分の硬さは、みるみる増していった。途中座位でこっちを向き、挿入部を見せつけてきた。
自信があるんだろうと思うそれは、太く長く、おしりを持たれて上下させられていたが、そのストロークは目を見張るものがあった。正常位で口の周りをドロドロになるくらい吸われながら、最後の攻撃を受けオヤジが果てた。女性は、何か感じるものがあったらしく、起き上がり挿入部を見ると「えっ!なんで?」と言った。オヤジが「もっと喜ばしてやろうと思ってさ。付けると固くなんないんだよ。」生中出しをされてしまったらしい。抜き取ったオヤジは、「ありがと、良かったよ。」と一言残して立ち去ってしまった。

オイオイと思って、半ベソな女性を見てるとティッシュで後始末して、タオルで口をゴシゴシしていた。それから動こうとしない女性に、心配感漂ってたので、2人で連れの男性を探しに行くと、オヤジは着替えを済ませて、さっさと連れと出ていくところだった。常習か‥絞り取られた感マックスの男性を見つけて、事情を話すと「まさか!そんな!」的な表情で、すすり泣く女性のとこに行くと、突き飛ばされ「だから私はイヤだって言ったのに~」と声を上げて泣いた。
「一人にしないって言ったじゃん。」そしてメソメソ。
またもや退場しにくくなった空間で、二人のやり取りを見てると、妻達も来た。

お店の人も様子を見に来たが、収束気味だったので、すぐに戻った。
なだめながら行為の詳細を聞き出す男性、感情的な言葉は入ってたが、おおよそ正しく話す女性。男性がシャワーに連れていこうとするが、拒否して1人でシャワーに行き、バツが悪そうに男性も出ていった。

こんな非現実的なドラマが展開された日でした。
妙に高ぶってしまった気持ちを察したのか、半固のをしごきはじめ口に咥えてくれた。旦那さんの誘導で妻も参加しダブルフェラ。四つん這いになった妻の腰越しに旦那さんの顔見え、妻も感じさせられてきた。

口を離した妻はそのまま横にされ、旦那さんを受け入れて喜びの声を上げ始めた。帰ると思ってたさっきのカップルが、ベットに戻ってきて「お楽しみのとこスイマセン。騒がしてすいませんでした。」とお詫びを言いにきた。

一旦中止し「NOはハッキリ言わないとね。」みたいな話しをしてると、奥さんがキレイな胸ねと女性の胸を触りだした。

続き・・・・・・・・・・・

タイトルとURLをコピーしました