厳しい美人課長とまさかのエッチ!


出典元:萌え体験談

去年の忘年会の話です。
居酒屋→カラオケのお決まりの
パターンの後に自由行動となりました。キャバに行く男子社員
ラーメン屋さん、更に居酒屋と
様々でした。私は風俗で抜いて
帰るかと思った矢先に
加奈子課長36歳に声を掛けられました。
「青田君!このあとどーするの?」
「いや・・特に・・」
「それなら飲みに付き合ってよ!」
流れで付き合う事になりました。加奈子課長は4月に昇格
したばかりの課長で私の上司
です。美人なんですが仕事の鬼で会社では厳しい人でした。
私も苦手で一線を引いていました。
しかし初めて二人で飲んだ
加奈子課長はとても優しく
ユーモアに溢れた女性でした。
美人なんだから会社でもこんな
感じならもっと魅力的になるのに・・と思いました。
「青田君何歳だっけ?」
「31歳です。」
「私の5歳下か!若い!笑・・」
芸能ネタや学生時代の話で盛り上がりました。
「私が会社で嫌われてるのは
知ってるんだ・・でも女だし
管理職だし・・結果を残さないと席がなくなるし・・みんなに
厳しく当たってるのは理解してるんだけど・・」
元々美人の加奈子課長です。
しんみりした表情がとても
セクシーでした。
「分かってますよ。自分は
加奈子課長の味方ですよ!」
「本当?嬉しい!」
加奈子課長は感激して酒の
ピッチが早くなりました。
店を出る頃は千鳥足になってました。課長の家は知らないし
しょうがないのでタクシーで
私のマンションに連れて帰りました。なんとかコートを脱がし
私のベッドに寝かせました。
「課長?大丈夫?」
「う・・ん・・ここは?」
「私のマンションです。」
「迷惑かけてゴメンね・・」
「大丈夫ですよ・・」
冷静に加奈子課長を見ると
タイトスカートがめくれて
ベージュのストッキングに包まれた魅力的な太ももが剥き出しになっていてドキドキしました。
「青田君が私の味方だって言ってくれたから嬉しくて飲み過ぎちゃった・・」
「あはは・・水を持って来ますよ!」
コップに水を汲んで課長に渡す時にコップを落としそうになり
バランスを崩し加奈子課長に抱きつく形になりました。
顔を近ずけて見つめ合う状態となり・・加奈子課長が私の唇に
軽くキスをしました。
「あはは・・今日のお礼のキスだよ。笑」
私はプッツンしました。
「課長!」
私は課長を強く抱きしめキス!
そして首筋へ愛撫!
「あ・・あん・・青田君ダメ」
「課長!好きです!」
「えっ?私を?」
私は再びキス!耳たぶ愛撫!
ストッキング越しの太ももを
指先でさわりさわり!
「あん・・ああ・・」
なんとかブラウスを脱がすと
白いオシャレなデザインの
ブラジャーが現れました!
推定85センチ!ブラ越しに
胸を揉んでキス!脱毛でツルツルの綺麗な脇の下を愛撫!
ビクッ!と加奈子課長の体が
反応しました。
「脇なんて・・」
言葉を塞ぐ為にキス!
今度は脇の下をクンクン
「いや!匂いを嗅いじゃ!」
香ばしい匂いに興奮!
お腹、脇腹を愛撫!加奈子課長の柔肌を舌で楽しみタイトスカートを脱がしました。
白いブラジャー&お揃いの白くて小さくて可愛いパンティ&
ベージュのストッキング!!
加奈子課長のランジェリー姿に
興奮しました。普段スーツの中に隠されてる加奈子課長のランジェリー!!
「加奈子課長のランジェリー
可愛いです・・」
「恥ずかしい・・会社の人に
部下の青田君に見られ・・」
鬼の女課長のセクシーなランジェリー姿と可愛いセリフが
たまりません!
ゆっくりとブラジャーを
はずして行きました・・
「課長のおっぱい・・どんな
おっぱいしてるのかな?」
「あん!・・恥ずかしい・・」
少しずつブラジャーをずらしました。
「あと少しで課長の乳首が見えますよ・・何色なんだろう?」
「いやん!ダメ・・」
そして遂に!課長のおっぱいの
全容が明らかになりました!
推定85センチ!乳輪はほんの
少し大きめ乳輪と乳首の色は
なんとピンク!
「課長の乳首・・ピンクだったんですね!感激です!」
「ああ・・恥ずかしい・・」
「会社の人に乳首の色はピンクと教えたい!」
「ダメ!絶対ダメ!知られたら恥ずかしくて会社行けない・・!」
「冗談です。俺だけの秘密ですよ。」
「いじわる・・」
会社での鬼上司と部下の上下
関係が完全に逆転しました。笑
課長の乳首を何度も甘噛み!
そして吸い付き!もみもみ!
攻撃を下半身に移しストッキング越しの足をつけねからじっくり愛撫!太もも→すね→ふくらはぎ→足の甲。そしてストッキング越しの可愛いつま先も
攻撃!クンクンすると
「ダメ!匂いを嗅いじゃ!」
慌てる課長が可愛く
見えました。部下に足の匂いを嗅がれる恥ずかしさ!
私は構わずストッキング越しの
足の指をしゃぶりました!
「ダメ!つま先なんてダメなんだから・・」
そしてキス!
ストッキングをゆっくりと脱がして遂にパンティ一枚!!
「このパンティの中はどうなってるのかな?」
「どうもなってないもん・・」
「本当かな?」
私は右手をパンティに侵入!
「あ!いやん!」
私の指先はビチョビチョの
アソコの入り口を確認しました。
「凄い濡れてる・・」
「だって・・だって・・」
パンティも脱がして課長の
アソコを遂に拝みました!!
「青田君!そんなに見ないで!」
「これが課長のアソコ・・」
「何も言わないで・・」
課長のアソコをクンニで楽しみそして貫通しました・・
年があけて
会社では相変わらず鬼の上司と部下の関係ですが
プライベートでは攻めの私と
受けの加奈子のエッチな関係
です。苦笑

タイトルとURLをコピーしました