【人妻体験談】未亡人の母が息子より若い男性を含め、息子と3P近親相姦セックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
俺32歳で母55歳の時。

父親は、残念ながら、俺が中学生の頃、病気で他界して、母子家庭に。

母は女手1つで俺を育て上げてくれ、とても感謝しています。

さすがに高校生の時は反抗期も少しはありましたが母とは良好な親子関係だったと思います。

やがて県外の大学に進み、就職も地元とは、かけ離れた土地になり母とは俺が正月、お盆に帰省した時に会う位になりました。

昔、高校一年生位から母の下着でオナニーをしたり、少し母を女として見ていたりし意識はしていました。

自分から言うのもなんだけど母は色気があり、有名人だったら女優の桃井かおりを少し若くした感じかな?

学生当時、友達から、お前の母さん綺麗だなとか言われた事があります。

その時は別になんとも思わなかったけど30歳位から自分の女性に対するタイプも高齢熟女好きになり母を思ってオカズにオナニーする日もありました。

大学に入学の時に母は俺の住むアパートに二泊した事があり、

その時は俺は恥ずかしいあまりベッドで母とは一緒には寝れずソファーで寝た記憶があります。

そして二年前、不景気も重なり父親が残してくれた小さいマイホームを売り、

母はそのお金でワンルームマンションを買って引っ越しして、

その正月に帰省した時は、いつもの実家じゃないせいか、なんか凄いドキドキ感を感じました。

正確には大晦日の昼過ぎに母のマンションに着きました。

母は3年前まで長い間、保険会社の外交員の仕事をしていましたがリストラされ、それから、うどん店でパートタイマーとして働いていました。

とりあえず母が駅前まで車で向かえに来てくれて一緒にスーパーで買い物をして、初めて母のマンションに

「小さい部屋でごめんね」

「へー小さいけどお洒落でなかなか綺麗だし、いいじゃん!」

「ちょっと着替えて来るね」

とバスルームにその時、部屋に干してあるお母さんのブラとパンティーが目に入り、

変態息子の俺はムクムクと反応して昔は母の黒色の下着は見たことなかったので、かなり興奮したのを覚えてます。

「毎月、仕送りしてくれて有り難うね。今晩は久々に母さんの手料理を沢山食べて頂戴ね。」

「う、うん!もちろん!まぁ正月だし、母さんも明日も仕事休みだし一緒に大好きなビールを飲もうな!」

俺の視線が洗濯物の下着にいってるのがわかったのか、母が洗濯物を片付けて料理をしだしたので俺はバスルームに行き掃除をして風呂の準備

「あー良い湯だったわ~。

母さんも今晩は飲むから食べる前に風呂に入って来たら」

「そ、そうねえ~。じゃ待っててね。」

母が風呂に入っている間にクローゼットを開け下着を物色してました。

昔はだいたい白、ベージュ系の下着が多かったのに久々に見ると

黒、ブルー、ピンクと、また若い娘が履いてるような小さいパンティーも発見して、ますます俺のボルテージは上がりました。

(母さん男でも出来たのかなぁ?)風呂から上がった母さんはパジャマ姿で出てきましたが、さすがにブラは着けてました。

(淡い色のピンクのパジャマからうっすらとブルー色?のブラの線が透けてましたがすぐにカーディガンを羽織りました。)

紅白歌合戦を観ながら、夕食、飲酒も進み20時位に母に携帯が入り

「ごめんね。言ってたと思うんだけど今日から明後日位まで息子が来てるから。ま、また連絡します。」

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました