夫の性癖で…私は夫の前で若い巨根に悶え…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
私は41歳(由香里)の主婦です。
主人は45歳で工務店を経営しています。
一年ほど前から主人に『3Pをしたい』と、言われ『恥ずかしいから無理』と、拒否してきましたがセックスの度に説得され一度きりの約束でOKしてしまったのです。
お相手の男性はネットで応募してこられた30台の男性に決まりました。
ドキドキしながら主人と待ち合わせ場所に向かったのでした。
相手の男性Aさんは簡単に見つかり、少し私たちの車の中で、自己紹介してからラブホに向かったのです。
主人・Aさん・私の順にシャワーを済ませ緊張しながらベットに行くと主人とAさんは腰にバスタオルをまいただけで話していました。


官能小説ランキング

2人の間に私を寝かせると主人、続いてAさんにキスをされました。
そして2人の手と舌が私の身体を這い回ります。
やがて、Aさんに両足を大きく開かされクンニに声が出てしまいます。
三脚にビデオをセットし終えた主人に促され仁王立ちした2人の真ん中で2本のオチンチンを握って交互にフェラしたのです。
AV女優のように2人を交互に見上げながらWフェラもしました。
そして、2人のオチンチンに上の口と下の口を貫かれ3Pの快感を知ったのでした。

その後、一度だけの約束だったのに主人に押し切られ8人の男性と3Pをしたのです。
主に、私がテレクラに電話して好みの男性を探すのですがなかなか見つからないのが現状です。
そこで、主人の飲み友達で同じマンションに住む独身のBさんに目をつけ主人が3Pに誘ってみたのです。
Bさんは大喜びで早速その夜に3Pしました。
主人はBさんに私の貸し出しプレイも許したので、Bさんの呼び出しがあれば人目を気にしながらBさんの部屋に行ってセックスします。
いまでは、主人とのセックスの回数よりもBさんとのセックスの方が回数が多いです。

えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました