【洒落怖】お酒でダウンしている間に同僚と妻がセックスしているところを目撃してしまった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れ帰った時のこと。

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。

妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。

早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。

どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。

隣を見るとまだ妻の姿はない。

まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

階段の途中で、妻の声が聞こえた。

「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに妻がセックス真っ最中の喘ぎ声だとわかる。

同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くなる。

ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。

耳を澄ませて中を伺う。

ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。

僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。

妻はソファに座ったまま同僚に脚を大きく広げられていた。

ベージュのスカートは捲り上げられ、ブルーのパンティは既に片足から外れてもう一方の膝に引っかかっているだけだった。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恥ずかしいからだろうか、妻は両手で顔を覆っている。

それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に

「ひっ」

と喘ぎ声を上げて首をのけぞらせている。

この状況に私はひどく興奮していた。

自分の妻が同僚によって感じさせられている・・・確かに妻の肉体は敏感なほうだ。

私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。

さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。

どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。

そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。

仕事も出来るし信頼も厚いのだが女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。

そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました