友達カップルと襲われて 【えっちな告白】


出典元:【殿堂】 エッチな体験談 ねとりねとられ
昔、友達カップルと私と彼女で、車2台に分かれて、遠出した時のことです。
夜に出発して、夜中に仮眠を取ろうと、山の中にパーキングみたいなところにトイレもあったので、ここに決めたのが悲劇の始まりでした。
私達は、友達の車から離れたとこに、駐車場しました。
私と彼女の紗季は、眠くなるまで話をしてました。
友達の岡田と彼女の恭子ちゃんは、付き合って一週間ちょっとということもあり、何をしてるのかな?と興味をもってました。
紗季が寝たころ、私も、そろそろ寝るかと思ってたら、4台車が入って来ました。
その車は、岡田の車を囲むように止まりました。
そして、その車から7人降りて来て、トイレに行きました。
トイレから帰って来ると、何やら岡田の車の中を覗いてました。
岡田はまだ、免許をとって間がなく、ずっとアタックしてやっと恭子ちゃんと付き合えることになって、初めてのドライブデートだった。
親父さんから借りた車だから、寝ているとしたら、岡田も恭子ちゃんも丸見えです。
男達は車を移動し始めました。
駐車場には、私と岡田と男達の5台しかいません。
私の車から見えないようにワゴン車を間にとめました。
岡田の車が見えなくなって、どれくらいたったのか?嫌な予感がした。
ちなみに私の車はワゴン車なので、私も紗季も、後部座席にいます。
紗季をは気持ち良さそうに寝てましたが、私は、スモークを貼ってたので、向こうから見えないので、岡田達の方を見てました。
相変わらず男達の騒ぐ声は、聞こえるけど、何も無ければいいけど。
その時、怒鳴り声が聞こえ、岡田が、男四人に、引きずられる用に連れて行かれ、トイレに入って行きました。
私は「ヤバイ」と思いましたが、助けに行こうにも、相手は7人。
助けに行って何かあったら紗季が…。
私は、車から降りて、鍵を締め、トイレに行く振りをしながらワゴン車に近付いた時、男二人が「早くやりてー」とか「あんなかわいい女なかなかいねーよ」とか話をしていた。
不意にワゴン車を見ると揺れていた。
恭子ちゃんが?私は、男達に詰め寄り、一人を殴りましたが、もう一人に後ろから蹴られ、コケた拍子にボコボコにされました。
男達は「ツレか?もう誰もいないな」と回りを確認すると、ワゴン車の横ドアを開けた。
呆然とした。
男が中腰になり、頭をがっしり持ち、無理矢理恭子ちゃんに咥えさせていた。
男は「まだやってんの」
「結構苦労したんだぜ」と会話をやり繰りしていた。
恭子ちゃんは、男の足を叩いて抵抗していた。
まだ服は乱れてなかったので、頑張って抵抗したんだな…と辛くなりました。
外にいた男が「しょうがねえな」と言うと、恭子ちゃんの後ろに周り腕を持ち、動けなくさせ、フェラさせていた男は、思う存分腰を動かしていた。
「んーん・ん・んっ」と辛そうな声を出していた。
私はなんとか立ち上がろうとすると、もう一人に溝を蹴られ、どうしょうもなかった。
男達は、恭子ちゃんを倒すと、スカートの中に手を入れ、パンティーを脱がし、一人は手を押さえ、一人はチンコに唾液をつけると一気に挿入した。
「イヤー痛い」と悲鳴と共に、恭子ちゃんに覆い被さり、容赦無く腰を打ち付けた。
押さえていた男は「終わったら呼べよ」と言い、ワゴン車から降りた。
ドアが閉まり、トイレから四人が出て来て「こんなとこにかわいい女が寝てたなんてね」
「男が弱くて楽勝」なんて言ってた。
ワゴン車は揺れ中から「やめてー」
「イヤー」とか聞こえてきた。
ドアが開いた。
「気持ち良かったー」と男が降りて来た。
男の後ろには、車の中で、顔を手で隠して泣いている恭子ちゃんが見えた。
「こいつ初々しかったぜ。多分経験少ないよ」と言うと「よし、可愛がって来るぜ」と二番手の男は言うと、車に入り、ドアが閉まった。
そして、ワゴン車は揺れ始めた。
「こいつも、トイレに捨てに行こうぜ」私は、フラフラと、引きずられるように、トイレに入れられた。
岡田は、壁にもたれ、服は破れ、鼻血を流し、泣いていた。
男達は「お前には、勿体ない。彼女を可愛がってやる」
「そこで待ってろよ」と言うと、私と岡田を殴り出て行った。
どれくらいたったのか、岡田を起こすと、「ここで、後悔するぐらいなら、恭子ちゃんを助けに行こう」岡田「・・・・」私「頑張って物にした彼女だろ?」私は這ってトイレの出口まで行くと、岡田も這ってついてきた。
男達は、私達に気付くと「そんなに彼女が犯されるとこみたいの?」私達は引きずられ、ワゴン車の前に、投げられた。
7人いた男達のうち5人いた。
「そんなに見たいなら」そしてドアが開いた。
男に前からいれられ、もう気力がない恭子ちゃんの頭を、人形のように、自分の股間に押し付けている光景だった。
すっかり全裸にされ「オラオラ、声出せよ」さらに腰を打ち付ける。
岡田は「うーっ」と泣き出した。
私はあまりにも残酷な状態に、言葉がでなかった。
1人の男が「いい女だ」その時紗季が歩いてきた。
「紗季逃げろー」紗季は私を見て、事態を呑むと走って、車へ向かう。
二人が紗季を追いかけた。
私も、足を引きずりながら、紗季の方へ。
だが、あと少しで捕まった。
「イヤーんーんっ」紗季が叫びをあげる寸前に口を塞がれ、もう一人は紗季を、後ろから腕を持ち、そして、私は気付いて追いかけてきた男に取り押さえられた。
紗季は、抵抗するも、男達にはかなわず私と紗季は、恭子ちゃんがいるワゴン車の方へ連れて行かれた。
恭子ちゃんへの強姦はまだ、続いていた。
それを見た紗季は、必死に助けに行こうとするが身動きがとれなかった。
男は思いっきり、腰を打ち付けた。
そして、チンコを抜くと胸に射精した。
「この女、これで5人目だ」逝った男は言った。
そして、次の男が恭子ちゃんに挿入した。
「お願い、やめて下さい」恭子ちゃんは何とか声を出すが、男は構わず動かした。
「やわらけー」と声がする方を見ると、紗季が胸を揉まれていた。
そして、男は、Tシャツの中に手を入れ生で揉んだ。
その時、一般車が入ってきて「おまえら、いいかげんにしろ!!警察呼んだぞ!!」とおじさんが叫んだ。
「ヤベー」
「逃げるぞ」と男達は紗季を離すと、一目散に車へ乗った。
岡田は「恭子を離せー」と言った。
恭子ちゃんは車から投げ出され、岡田は駆け寄り、投げられた服で裸の恭子ちゃんを包み「ごめんよ。ごめんよ」と抱き締めながら泣き崩れた。
私は、紗季を抱き締めた。
タイトルとURLをコピーしました