【人妻体験談】先輩の家で夕食をご馳走になり、美人な奥さんを寝取りセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
去年の夏、俺は新入社員だったんだが、先輩(♂)の家で夕食をご馳走になったときの話だ。

家に呼ばれたのは俺ともう1人、同期の女子社員C。

Cはいかにも

「ギャル」

な可愛い子で、細身の体をくねらせながら

「もう、飲めませぇ~ん」

なんてシナを作るタイプだ。

正直、俺の好みじゃないんだが、先輩はお気に入りらしい。

その子だけ招待するのは不自然なんで、ついでに俺も呼んだんじゃないか…と、今でも思ってる。

まあ、俺は飲めれば満足なんで図々しくお邪魔したが、初めてお目に掛かった先輩の奥さんを見て、正直びっくりした。

「先輩より9歳下」

とは聞いてたが、先輩の奥さんがこんなにもガチな美人とは…

奥さんは美由紀さん(仮名)といって、32~33歳くらい。

茶髪を縦巻きにした

「いかにも女の子」

なCとは真逆で、目鼻立ちがきりっとした宝塚男役風の美人。

薄化粧で、きれいにまとめた黒髪がいかにも活動的な雰囲気だ。

結構ガタイが良くて、165cmはありそうな上背に広い肩幅。

聞けば学生時代は水泳選手で、国体候補にも選ばれたそうだ。

もっとも引退して長いせいか、肌は白くてそれなりに肉も付いてる。

といっても弛んでる感じじゃなくて、体育会系というか骨太な印象。

袖なしワンピースだったが、服越しにも胸や尻はかなりのボリュームだと分かる。

ズバリ俺の好みで、会った瞬間チンコがピクンとした。

美由紀さん、性格も男っぽいというかサバサバした姉御肌だった。

俺や同期に気を使わせないよう、酒や料理を切らさぬよう、時おり覗き込む息子(5歳くらい)の相手もしながらテキパキ動く。

「A君(←俺)もどうぞ~」

なんてテーブル越しにビールを注いでくれたんだが、前屈みになるとボタンを2つ外したワンピースの胸元からEかFはありそうな巨乳の谷間が…。

暑かったせいだと思うけど、目のやり場に困るというか思わず凝視しちまった。

先輩は奥さんの様子に無関心らしく、夢中でCと談笑してる。

さすがに美由紀さんは気づいたらしく(ガン見してたから当たり前だけど)、料理を置きながら俺の隣に来ると耳元でそっと

「こらぁ、どこ見てたの~?」

笑顔だったし怒ってる風じゃなかったが、恐縮するしかない俺。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました