【人妻体験談】中1のとき、母に寝込みを襲われ近親相姦セックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
学校近くにある大学体育会の施設を借りて、男ばかりのむさ苦しい集団で2泊。中1の夏休み、部活の合宿に参加したときのこと。

夜になると上級生が当然のように酒盛りを開いた。

部の伝統らしい。

もっとも、中学生1年の俺たちは、片付けをやらされただけだったが。

最終日、余った酒を分けてもらい…というかほとんど押し付けられて帰宅した。

貰ったはいいが、この酒どうする?父は単身赴任中で、家には俺と母の2人。

母はマジメというか堅物というか、中学生で飲酒なんてトンデモないって人だ。

実際、俺もそれまで正月の

「お屠蘇」

以外、酒を口にしたことはなかった。

背伸びしたい年頃だし、酒を飲むという行為自体に興味はある。

友達の家に持ち込んで飲むか、公園かどこかで1人酒盛りするか…?考えた揚げ句、自分の部屋でこっそり飲んでみることにした。

遅めの夕食後、少しテレビを見てから、母が台所で洗い物してる間に部屋へ。

猛暑で熱帯夜が続いてたが、あいにく部屋の冷房は故障中だった。

すぐそばを走る幹線道路の騒音が酷くて、夜間も窓を開けられない。

閉めきった室内は、夜になっても軽く30度を超えてたと思う。

風を通したいけど、母に飲酒を見つかったらムチャクチャ怒られる。

所詮12歳。

親子の力関係は、まだ圧倒的に母が優位だ。

仕方なく部屋のドアを閉め、蒸し風呂のような暑さの中、ドキドキしながら初めての酒を味わった。

缶チューハイとかカクテルバーとか、女の子向けの甘ったるい酒だったと思う。

生ぬるかったが想像より口当たりが良くて、

「結構イケるじゃん」

が最初の印象。

とにかく暑かったこともあり、調子に乗って3~4本空けてしまった。

しばらくすると体がカーッと熱くなり、頭がクラクラしてきた。

吐き気はもよおさなかったが、こめかみがドクドク脈打つのが分かる。

『あ、これヤバいかも…』どうしよう?

「風呂に入ったら酔いが醒める」

という先輩の言葉を思い出した。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました