【人妻体験談】母が着替えている姿に凄い性的興奮を覚え近親相姦セックス童貞卒業


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
僕は十五歳、ある会社で働いている。

あるアパートで、母と二人暮らし。

母はシングルマザーで、十五歳の時、僕を産んだ。

去年の十二月から、母の事が、一人の女性として好きになり。

今では、お互いに愛し合っている。

よくキスもする。

ある寒い日曜日、僕ら二人は、出かける事になり。

あの時、偶然母が着替えているとこを目にした。

濃い茶色を帯びた肌色のナイロンのパンストをはいた状態の下着姿だった。

白いブラジャーに覆われたお乳とパンストから透けて見える白いパンツ。

僕は母がはいている白いパンツと美脚が何とも言えない。

凄い性的興奮を覚えた。

「田舎育ちの母のこの姿、なかなか色っぽい。母がはいている白いパンツが透けて見える。

それに、むっちりした脚がとても美しい。母がはいているパンツはどこのメーカーかな。」そう思った。

すると、大好きな母のパンチラも見たいと思うようになり・・・母は白いセーターと紺色のスカートを選んでいた。

僕はじっと母の方を見つめた。

すると、母はこっちの視線に気付いて、とても恥ずかしそうに言った。

「さっきから、何見ているのよ。いやらしいわ。あっちを向いていてよ。」母は着替え終えると、白いソックスを取り出しては、腰を下ろす。

すると、どうだろうか。

股を大きく開いているから、紺色のスカートの中から、何か白い物が見えた。

何んなのか、分かっていた。

母が自らはいている白いパンティだ。

綿特有の白い色だけど、肌色のパンストと重なり合っているから、乳白色の色に見える。

パンストの縫い目のたて線とともに、スカートの中から見えるパンツを僕に見せながら、白いソックスをはく僕の大好きな母。

僕は興奮しながら、田舎育ちの母のパンチラを見ていた。

女性生殖器の脹らみと尿を蓄える膀胱に位置する下腹の脹らみが、パンツの外面から浮き出ていた。

「私がはいているパンティなんか見て、本当にいやらしい、エッチ。」そう言って母は、自分のパンツをスカートで覆い隠す。

母は白いソックスをはくと、立ち上がり。

見ていたパンツは紺色のスカートの中に隠れて、見えない。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました