【人妻体験談】不妊治療がまさかの中出し乱交セックスだった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
舞台となった産婦人科については横浜です。

私の行ったところは病室を何室も持つ立派な病院で、普通の出産も一日に何件もあるところでした。

今まで不妊治療を行った妻の評判が良く、料金も安いというので、そこを選びました。

そこで、不妊相談、検査とあり、私に原因があることが分かりました。

通常の不妊治療が成果が上がらぬ段階で、他人の精液による人工授精を行い、それもだめだったので生身の男性による受精となったのです。

その舞台は、人工授精までは病院でしたが、

その後は、病院の裏にある病院長が経営する賃貸マンションの最上階の一室で、ビデオカメラの設備がありました。

そこで、自分に原因があることを知り不妊治療をしに評判の産婦人科に行ったら衝撃の治療を受けることになった話です。

受精の確率を高めるためには、妻がイク必要があるといわれました。

その相手は一人ではなく、1日に2人の男が2時間ずつ4時間相手をし、計6人の男が毎日交替で6日間妻の相手をしていたのです。

これは、ドナーの特定を防ぐという理由でした。

また、ドナーの秘密を守るためという理由で、男たちは皆覆面レスラーのようなマスクを付けていました。

ただ、逆に妻は顔を曝したままでした。

男たちの持ち物は、太いもの、長いもの、カリが大きいものと形状は様々ですが、いずれも私のものよりはるかに立派なものでした。

また、彼らのスタミナとテクニックはAV男優も顔負けで、私などはとても太刀打ちできるものではありませんでした。

妻は、その「治療」中、何度も絶叫し、のけぞり、失神しました。

すべて、私とのセックスでは一度も見せなかった姿でした。

私の部屋にもティッシュは用意されており、妻の痴態を見ながら、思わず自分で慰めてしまいました。

「治療」が終わると、妻は疲労困憊という感じで、帰宅後はすぐに寝てしまう日々が続きましたが、

何故か妻の表情は輝いているように思え、「治療」に向かう朝には期待感に満ち溢れているように見えました。

1回目は当然妻の排卵日を中心にその「治療」が行われたのですが、残念ながら、妊娠しませんでした。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました